アキュティーン

    Welcome to my blog

    Marvelous Act(仮)

    新潟市よりゆったりまったりお届けします。釣りやカメラを持ってお散歩したり、MOTO GUZZIで出かけたり・・・。

    Category: Book

     「米澤穂信と古典部」を読みました。

    今月13日に発売になった「米澤穂信と古典部」を読了しました。この本は作家 米澤穂信のファンブックとでも言うべき1冊で、本というかムック本なのですが実に面白くて一気に読んだ後、再度読み返してしまいました。米澤穂信は7~8年前くらいに初めて「小市民シリーズ」を読んで以来、お気に入りのミステリー作家の1人なのです。代表作は他に「大刀洗シリーズ」と、そして「古典部シリーズ」でしょうか。今回のこの本はタイトルに書...

     小市民シリーズ。

    雪が降って寒いし海も荒れて釣りができないので最近は専らインドア派になっています。で、読書三昧。今週は米澤穂信の小市民シリーズ4冊を一気読みしました。小市民シリーズとは、"創元推理文庫より発行された「春期限定いちごタルト事件」「夏期限定トロピカルパフェ事件」「秋期限定栗きんとん事件(上 / 下)」の推理小説シリーズ三作の総称である。ちなみに「冬季限定」で完結する予定。 なんでも推理してしまう癖を改善したい...

     ふたりの距離の概算

    海は波浪注意報で3m超えの荒れた状態。釣りに出かけることなく、つい魔が差してアルコールを飲んでしまいました。第三のビールだけどアルコール自体が久しぶりなので1本でもうほろ酔いデス。あ、さて。先日読んだ「いまさら翼といわれても」以来、米澤穂信「古典部シリーズ」に再びハマりだし、既刊の5冊を一気に読んでしまいました。で、5冊目の「ふたりの距離の概算」を先程読了。”春を迎え高校2年生となった奉太郎たちの〈 古典...

     いまさら翼といわれても

    米澤穂信の最新刊、「いまさら翼といわれても」を読了しました。これはテレビアニメにもなった「古典部シリーズ」の最新作で先月末に発売になったばかりなのですが、以前から米澤作品が好きだったので即買いしました。米澤穂信の推理ものは殺人とかの無いものが多々あり、そんな所がお気に入りなのです。写真、一緒に写っているメガネは最近新しく作ったもので、釣りをする時の条件に合わせてレンズをチョイスしたのですが読書にも...

     【おすすめ】オートバイのマンガ この2冊が面白い【コミック】

    午後は降雨の予報なので釣りには行かずコーヒー飲んでマッタリしております。先程Amazonから届いたマンガの単行本2冊を立て続けに読んでみました。マンガを買うのは久しぶりですが何れも面白く読み応えもありました。左は藤島康介さん作の「トップウGP」第1巻。レースマンガですね。右がえのあきらさん作の「ジャジャ」21巻。イタリアンバイクや旧車ものです。両方共オートバイを「わかっている」方が描いているのでリアリティにも...