アキュティーン

    Welcome to my blog

    Marvelous Act(仮)

    新潟市よりゆったりまったりお届けします。釣りやカメラを持ってお散歩したり、MOTO GUZZIで出かけたり・・・。

     ブレーキはフロントを使え!


    突然流れた俳優 萩原流行氏の訃報に思う事。残念であるとともにオートバイは危険な物としてさらに認知されてしまうのではないか・・・?と。一(いち)オートバイ乗りとして悲しく思います。
    <萩原流行さん>オートバイ事故で死亡
     22日午後6時ごろ、東京都杉並区高円寺南の青梅街道で、オートバイに乗っていた俳優の萩原流行(ながれ)さん(62)が、交通事故で死亡したことが捜査関係者への取材で分かった。警視庁杉並署が事故の詳しい状況を調べている。(毎日新聞) YAHOOトップニュースより。

    状況は、工事現場入り口で停止したトラックに、止まり切れずに突っ込んでしまった、との事。

    実は先日、オートバイの事故原因は「止まれなくて突っ込む」という交通機動隊の話を知ったばかりなのです。どういう事かと言うとブレーキが咄嗟に使えない、と。ある程度オートバイに乗ってきた人なら「何じゃそれ」と思ってしまうと思いますが、ブレーキの使い方を知らない、正確にはフロント(前の)ブレーキをかけない人があまりにも多いらしい。リヤブレーキしか使わない人が大勢いるのだと。クルマだとブレーキを踏むだけで前後両方にブレーキがかかるので、その感覚でしょうか。また自転車に乗っていても後ろのブレーキだけしかかけない人が多数。ですが、ブレーキは前を強くかけるのが正しいのですよ。なぜなら減速したら前のめりになる→前のタイヤが押し付けられる→よりブレーキが利く一方後ろは浮き気味になるのであまりブレーキが利かないから。(すごくアバウトな言い方ですが。実際は前のブレーキの方がごっついのが付いているので、前後両方ともしっかり使うべきですが)

    ワタクシの文章は稚拙なのでpitts_driverさんの記事を読んでいただきたいです。

    だから教習所でも警察の指導でも未だに「フロントブレーキ4本指でかけろ」と言い続けているのですね。それが緊急時に最大限「ブレーキを強く握れる」からなのだという事です。今時のオートバイに装着されているブレーキは実は指1本でもかなり効きます。スーパースポーツ系のオートバイに乗っている人ベテランの人は指2本の人が多いかと思います。4本だと「ガツッ」とかけてしまい力を一気に入れすぎていわゆる「握りゴケ」に繋がるからです。2本(ワタクシは3本がデフォですが)の方がコントロールしやすいからなのですが、そこへたどり着くまでには色んな経験をしている筈です。が、そもそもフロントブレーキを握ることすら考えない人の安全を守るためにそういう指導をしているのだと思いますよ。因みに何で前と後ろのブレーキが別れているかというと、四輪車のようにするとものすごく違和感がありコントロールの幅も狭まりかえって危険だからです。

    もう一度言います。二輪車はフロントブレーキを使う!

    こんなにも素晴らしい乗り物をもっと多くの人に安全に楽しんで欲しい。
    guzzi v7racer

    YAMAHAのTRICITYという一風変わったスクーターはその答えの一つなのかもしれません。
    トリシティ
    これなら社会的影響度のある人を宣伝に使っても大丈夫、という事でしょう。大島優子さんも実際に乗っています。40万円という価格は何とかならないのかとは思いますが、時速300㌔にも達しようかという高性能な車両に最後までABSすら付けることを渋り、今でもトラクションコントロールさえ付けていないSとかいうメーカーの姿勢と比べたら、そりゃぁ立派なものです。公道を走る以上、初心者や高齢者も乗るでしょうし、ベテランでも疲れて集中力あるいは体力が落ちている時もあるでしょう。出かけた帰りに雪が降るかもしれません。そういう時にもより安全であるべきと思うのです。あ、でもS社のオートバイ、好きなところもいっぱいあります。かつて所有していたこともありますし。

    ri rossi
    ワタクシ自信も、この素晴らしき相棒ともっともっと楽しみたい。



    萩原流行さんのご冥福をお祈り致します。そして全てのオートバイ乗りの安全を祈願いたします。












    関連記事
    スポンサーサイト

     オートバイ バイク ブレーキ 安全

    0 Comments

    Add your comment