成長因子

    Welcome to my blog

    Marvelous Act(仮)

    新潟市よりゆったりまったりお届けします。釣りやカメラを持ってお散歩したり、MOTO GUZZIで出かけたり・・・。

     第一回目軟体物生息調査

    何事もやってみなければ分からない!ということで、何時もの縦堤へ今秋初のアオリイカ釣り、所謂エギングをしてきました。

    今年は親イカもあまり見かけなく状況はあまり良くないみたいですが、果たしてどうなのか?しかも今日来た縦堤の根元には川砂、というより土が工事により敷き詰められていて、それが波打ち際で濁っていて嫌な予感。

    去年のこの時期(八月末)はぽつりぽつりと小さいのが釣れたような記憶があるので少しだけ期待したのですが、やはり半月早かったか、空振りに終わりました。台風が過ぎ去り海も落ち着きしかも大潮なので、お腹を好かせたイカが一気に岸付近まで押し寄せてエサを漁っているかもしれない、と思ったのですが・・・。堤防際には小さいサヨリやアジその他が結構見られるので、今後これを狙ってアオリイカが接岸するのは間違いありません。

    まぁ、釣れないなら釣れないで、他にやることがあります。今年新発売になった餌木のスイミングテストです。どの餌木がどういう風に動くのか実際に使ってみれば、どのような状況で使ったら良いのか、どういう風に釣りを組み立てていくべきかという判断が出来、後で効率の良い「マイ・ゲーム」が出来るのです。そう、プロフィッシャーマンの田辺哲男さんも良く言うこの「俺の釣り」がハマった時が最高に楽しい瞬間なのです。

    それはそうと、今日も釣り場にゴミが散乱してました。ビン、缶、ペットボトル、タバコの吸殻、中には針のついたままの釣り糸も!もうね、殺意すら湧いてしまいます。や、少し言い過ぎましたが、せめて自分のゴミは自分で持ち帰るという当たり前の事を当たり前にやろうよ。情けないよ。


    海の向こうの佐渡島がくっきりと見える時は、沖は風が強く吹いている、という事。

    風速2mという予報でしたが、海は少し風が強く2寸の餌木ではやりづらく、今日は2.5寸の餌木を主に使いました。中でも今期の新モデルのデュエル ez-Qマグキャスト、これは風が吹く状況で実に使いやすく、久々に餌木で感動しました。これは実にいいものだ!(マ・クベ風に)


    タングステンを使用した重心移動システムで従来品に比べ133%飛距離が出るとの謳い文句通り、スコーンと気持ちよく飛んで行きます。が、それだけでなく程よい水中での抵抗があり、弛みがちなPEラインが他の餌木を使っている時よりも真っ直ぐにピーンとなります。と、言うことはアタリも分かりやすくなるはず。なのにしゃくっても重くなく疲れない。左右にダートする際の前後の移動距離が少ない。新潟市の、遠浅とも言える海に実にマッチします。今までメインで使っていたダートマックスでは攻略しづらい時にもこれでカバーできます。(近いポイントで風が穏やかだと今のところダートマックスの方がやりやすいですが。要は使い分けですな。)

    ハイシーズン、釣り人がズラリと並ぶ中、自分だけがバンバン釣りまくる、そんなシーンが目に浮かぶようです。ぐへへへへ。

    とか言ったものの、今日は結局釣れませんでした。と、いうか生存を確認できませんでした。妄想でなく実際に釣りあげたいものです。

    哀れに思った訳ではないでしょうが、タコ釣りをしていた好青年にタコを頂いてしまいました。タコって、イカと違いなかなか〆らないのね。


    ありがとうございました。晩ご飯、今夜はタコ飯にします。










    デュエル EZ-Q マグキャスト (MAG CAST) 2.5号 [09 ZGBW ゼブラゴールドブラウン] / エギング (餌木)【02P23Aug15】【RCP】 ★パタパタ祭開催中! 3本お買い上げでオリジナルBOXプレゼント★




    とりあえず、この餌木、あと10本くらいまとめ買いしておかねば!










    関連記事
    スポンサーサイト

     釣り 新潟 日本海 エギング DUEL ez-Q マグキャスト

    0 Comments

    Add your comment