アキュティーン

    Welcome to my blog

    Marvelous Act(仮)

    新潟市よりゆったりまったりお届けします。釣りやカメラを持ってお散歩したり、MOTO GUZZIで出かけたり・・・。

     GP DE LA COMUNITAT VALENCIANA(Circuit de la Comunitat Valenciana Ricardo Tormo)

    いゃぁ、凄いものを見ました! オートバイ世界最高峰のロードレースのMoto GP!スタンドからコース全体が見渡せるリカルド・トルモサーキットはさながら闘牛場のようでもあります。そこで繰り広げられるマタドールのようなスーパーマンたちの戦いは今日が最終戦#TheGrandFinale。

    スタートからゴール迄実にスリリングな戦いの結果、モビスターヤマハのホルへ・ロレンソが逆転でチャンピオンを勝ち取りました。
    lorenzochamp2015.jpg

    ホルへは予選で驚異的なタイムをたたき出しポールポジションからのスタート。一方ランキングトップのヴァレンティーノ・ロッシは前戦で累積ペナルティポイントが4になり、この最終戦バレンシアでは最後尾からのスタートでした。ホルへが確実に逆転チャンピオンを決めるには優勝又は2位が必須、ヴァレがチャンピオンになるには最後尾から最低でも6位以上まで追い上げなければなりません。

    シグナルがブラックアウトしヴァレの怒涛の捲りが始まります。一台、また一台と抜いていき、レースの3分の1が過ぎた頃には何とポルやアレイシ、ドヴィまで抜き去り4位までポジションを上げるという、信じられない程凄い事をやってのけます。この時点で3位走行中のダニ(ダニ・ペドロサ)までは約10秒。ここまででかなりタイヤを酷使してきたのでヴァレは1分32秒台前半より更にタイムを上げて前に追いつくのは厳しい状況。前方の3人は31秒後半で走っているのです。

    jorge-lorenzo-valencia-2015-motogp-yamaha-6.jpg

    首位ホルへの1秒弱後方にベッタリとマルク・マルケスが張り付いたまま周回が過ぎます。ホルへの何時もの勝ちパターンの様に突き放すことができません。残り5周あたりからマルクのアタックが始まり抜きにかかりますがホルへは抜かせません。耐えて耐えて首位を守ります。その時その2秒後方にいたダニぺがいつの間にか真後ろにいるではありませんか!そして一瞬マルクを抜きます。この絡みでホルへとマルクの間隔が0.4秒に広がり、そしてチェッカーフラッグ!

    総合ポイント330でホルへが大逆転で年間チャンピオンを優勝で決めました。
    バレンシア

    2015motogp.png

    ヴァレのファンなので悔しいですが、チャンピオンにふさわしい戦いを見せたホルヘ、おめでとう!








    DUEL/ヨーヅリの餌木、パタパタQのブログモニターに選ばれました。







    関連記事
    スポンサーサイト

     MotoGP

    0 Comments

    Add your comment