成長因子

    Welcome to my blog

    Marvelous Act(仮)

    新潟市よりゆったりまったりお届けします。釣りやカメラを持ってお散歩したり、MOTO GUZZIで出かけたり・・・。

     あの時間、再び。

    2015年4月18日のエントリー、「イシノマキにいた時間」を観劇してきました。http://marvelousact.blog.fc2.com/blog-entry-4348.htmlにも書いた、東日本大震災復興支援の舞台「イシノマキにいた時間」が今週土曜日に新潟で再演されます。

    日時;11月28日 開場13時30分~
    場所;中条グランドホテル2Fグランドホール 新潟県胎内市東本町25-50
    詳細は公式HP http://www.ishinomakitime.com/   中条グランドホテル http://www.nakajo-gh.com/

    とりあえず大事な事を先に書きました。


    11月8日に座長の福島カツシゲさんから、再び新潟でやるよ!という案内のはがきが届きました。
    DSCF6242.jpg
    この手紙の一つ一つの文字を読むと、ともすれば忘れかけていたあの震災とそこから立ち上がろうとしている多くの人を思い、気持ちは東北へと向かいます。最近大好きだった声優 松来未祐さんが不治の病でお亡くなりになり、自身も健康状態がけっして良くないので、最近「生きるって何なんだろう?」などと哲学的な考えが頭の中を回るのです。


    この手紙に書かれていることを転記します。他力本願システムだからいいよね、カツシゲさん?


    お元気ですか?

    舞台【イシノマキにいた時間】をご覧頂いて半年以上が経ちましたが、いかがお過ごしでしょうか?福島、石倉の2人は、この半年で1歳ずつ年齢を重ねてしまい、誕生日のサプライズなんかも先に気づいてしまう年齢になってしまいました。田口は増減5kgの幅で一進一退のポッチャリを行き来し、基本的には103kgをキープしています。3人とも残念ながら半年前より元気です。
    新潟での公演としては、2012年の上越高田公園、今年4月の東区プラザホールでの公演に続き、今回、11月28日(土)に胎内市で公演させてもらうことになりました。キッカケは、20年近くになる役者仲間で、現在は中条グランドホテル働いている友人が、この舞台を少しでも多くの胎内市の人たちに見てもらいたいと、ひとりで動き出し実現させてくれました。現在は、市内の中学校や高校などにも声をかけてくれています。
    震災から4年半以上が経ったから関心が薄くなったという単純な事でもなく、舞台で伝えている自分たちも含めて『あの頃』から離れた生活になっているのだと思うのです。それは当然であり、これからは、もっと離れていくのだと思うのです。
    舞台で伝えたい『あの頃の石巻』は、見て頂いた人の『その時』によって受け止め方が違ってくるのではないかと思うのです。伝える度に、今の石巻と、これからの石巻を感じてもらえる舞台にしていかないといけないと思っています。チケットは、まだまだたくさんあります。お時間があれば、大切な誰かをお誘いください。是非お待ちしています。もし、お時間が無ければ、誰かに「こんな部隊がある」という事を乙対いただけたら幸いです。
    尚、本公演の利益は全額、市の復興学習支援・ボランティア育費として寄付されます。

    (以下、略。)
                                イシノマキにいた時間 福島カツシゲ       

    image.jpg

    この舞台、面白いけれど、感動するという感じではありません。感動よりももっともっと複雑ないろんな感情が次から次へ湧き上がってくるのです。ミュージシャンのナオト・インティライミもそう言っていましたが、たぶん彼とワタクシと全く同じ思いではないと思う。一人一人が違った思いをいだきそして考えさせられる舞台公演です。

    今回新潟下越での公演、この機会に是非ご覧になってください。













    関連記事
    スポンサーサイト

     演劇 舞台 イシノマキ

    0 Comments

    Add your comment