成長因子

    Welcome to my blog

    Marvelous Act(仮)

    新潟市よりゆったりまったりお届けします。釣りやカメラを持ってお散歩したり、MOTO GUZZIで出かけたり・・・。

     理にかなってますね、サゴシチューン!

    もう既に新潟の各所でサゴシ(サワラの幼魚)が釣れてきていますね。さすが魚へんに春と書いてサワラ(鰆)、この魚が回遊してくると、やっと冬が終わった、春なんだと感じます。

    新潟東港のボートフィッシングでは早くも大爆釣。もう少しすれば岸からもバンバン釣れるようになり「サゴシ祭り」の開幕です。

    サゴシを釣るのに、通常はメタルジグを使います。それもダイソーのジグベイト(108円)などが多用されます。サゴシ如きに高いルアーなんぞ勿体ない、という認識。ジグを気持ちよくかっ飛ばし、ただ巻だけで結構釣れます。と、いうかイナダを釣る時みたいなリフト &フォールだとサゴシにはあまり良くありません。マリアのムーチョ・ルチアなんかのようなタイプのリトリーブに良いジグがよろしいかと。
    そういやダイソーのジグベイトはリングと針なしで売ってほしいと思う今日この頃。どうせ使わずに捨ててしまうのに・・・。針を付けずにその分のコストで塗装を強化してほしいです。

    ジグで釣れる、とはいえ隣の人に釣り勝ちたい、というのも釣り人の欲望です。そんな時は
    ①スミスのチェリーブラッドやバスディ・シュガーミノー、ジップベイツのリッジ系のミノーがボートフィッシングで使われています。が、岸からの場合だと飛距離がもう少し欲しいかな。
    ②ワインド。この釣りの伝道師のオンスタックルデザインは新潟だけでどれだけ儲けたのかなぁ?でも正直ワインドは疲れます。
    ③ヘビーシンキングミノーを使う。マリアのデュプレックスや、ワタクシイチオシのDUOラルスミノー、ジャクソンのピンテール系etc……あと、メタルバイブ。

    扱いやすさとコストを考えると③がオススメでしょうか。そんななか丁度このヘビーシンキングミノーの新商品、「ピンテール サゴシチューン」が新発売されました。サ、サゴシ如きで専用品が出てくるなんて思わず笑ってしまいますが、メーカーは儲かる!とふんだのでしょう。

    新しい物はとりあえず試したくなる質なので、魔界に行き買ってきました。



    2016年のソルトNEWアイテム!「ピンテール サゴシ チューン!」リリースです。元々、サゴシ狙いに定評のあるピンテールシリーズのノウハウをベースに、サゴシ専用設計にリニューアルしたのがこの「ピンテールサゴシチューン!」。特徴は、...

    Jacksonさんの投稿 2016年3月8日


    「防波堤やサーフから手軽に狙う事の出来る回遊魚として知られるサゴシ(サワラの幼魚)。近年では一層の盛り上がりを見せ、北陸~山陰までの日本海側や大阪湾、四国などではサゴシゲームに魅せられたアングラー達が、サゴシの回遊時期の到来を、今か今かと待ちわびています。

    サゴシ釣りは古くから知られていたが、ゲームフィッシングとして、より有効な釣法は、まだまだ確立されていないのが現状。多くのアングラーは、メタルジグやバイブレーションなど既存ルアーを代用してサゴシを追い求めている。

    そんな中、一部のアングラーは既存ルアーの中から一早く、サゴシ釣りに適したルアーを見出して使用し、他のルアーとは比べ物にならない圧倒的な釣果を叩き出していた。それが言わずと知れたジャクソンの代名詞でもあるピンテールシリーズ。

     手軽に狙う事の出来るサゴシだからこそ、「使い手を選ばず、投げて巻くだけで簡単に、より多くのサゴシを手に出来る夢のルアーを作りたい。」という思いから、業界初サゴシ専用設計のルアー開発に乗り出した。」

    ジャクソンの商品ページより。

    一言で言うと、ストップ&ゴーやステディリトリーブから加速・ダッシュさせた時にヒラを打つようなチューニングかされているらしいです。そして水平フォール。そういや昔。管釣りの「デジ巻き」の応用で結構な釣果を出していた人がいたなぁ。言葉遣いが悪いから炎上していたけれど。
    その人の事を知る前から同じような釣り方もしていましたけれどね、ワタクシは。


    上から サゴシチューン、ピンテール、ピンテールチューン。

    既存の下二つの物より、よりサゴシに合わせた物になっているそうです。


    確かに、一つ一つのディテールに意味が込められていて、なるほど!と納得して使うことができそうです。重さも28gだからショアジギングのロッドでなくてシーバスロッドのMLクラスでもいけそうです。

    近いうちに、サゴシを狙いに海に行くつもりですがその前に味噌を買わなければ。サワラといえばやはり西京焼きですからねぇ!











    関連記事
    スポンサーサイト

     釣り タックル 新製品 サゴシ

    0 Comments

    Add your comment