アキュティーン

    Welcome to my blog

    Marvelous Act(仮)

    新潟市よりゆったりまったりお届けします。釣りやカメラを持ってお散歩したり、MOTO GUZZIで出かけたり・・・。

     2016 MotoGP Rd.8 TT ASSEN

    MotoGP第8戦オランダグランプリはスタート直前の降雨で大波乱となりました。ダッチウエザーという言葉があるようにオランダの天候は不安定、上がったかに思えた雨が再び振り出し、途中レッドフラッグで中断、30分後に12周の第2ヒートが行われ、結果ジャック・ミラーが自身初の優勝を成し遂げました。もう、いろんなことがありすぎて、1レースを見るのに3レース分くらいの体力を使いました・・・。マルケスは冷静に2位に入り、レディングが2度目の3位に。全然乗れていなかったロレンソが10位でポイントゲットしたかと思えば乗れていたロッシが転倒。何とか再スタートしようと試みる姿にじ~んと熱くなるものを感じました。こういう人間模様が感じられるからMotoGPが好きなのです。
    Cl4bbxoUYAE1_y6.jpg





    以下MotoGPのサイトより

    決勝レース:ミラーが最高峰クラスで初優勝
    軽量級のバグナイア、中量級の中上に続き、最高峰クラスでミラーが初優勝を飾り、マルケスが2位、ロレンソは10位、ロッシは転倒リタイア。

    第8戦TTアッセンの決勝レースは26日、TTアッセン・サーキットで行われ、総合20位のジャック・ミラーが悪天候により赤旗が提示され、リスタートとなったレースで快走。最高峰クラス25戦目で初優勝、キャリア通算7勝目を挙げ、総合13位に浮上した。

    気温15度、路面温度19度のウェットコンディションの中、レース中に雨足が強くなり、レースディレクションは15ラップ目に赤旗を提示。14ラップ終了時点の順位がスターティンググリッドに適用され、12ラップによるリスタートが行われると、8番グリッドのミラーは、4ラップ目にトップに飛び出すと、安定したラップを刻み、オーストラリア人としては、2012年10月の第17戦オーストラリアGP(ケーシー・ストーナー)以来となる12人目の優勝を飾り、所属チームのエストレージャ・ガルシア・0,0・マーク・VDSに初優勝(最高峰クラス)、サテライトチームのライダーとしては、2006年10月の第16戦ポルトガルGPで優勝したトニー・エリアス以来となる快挙を達成した。

    5番グリッドのマルク・マルケスは、チャンピオンシップを考えた走りに徹し、1.991秒差の2位。3戦連続7度目の表彰台を獲得すれば、4番グリッドのスコット・レディングは、5.906秒差の3位。昨年9月の第13戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGP以来となる最高峰クラス2度目の表彰台を獲得。

    9番グリッドのポル・エスパルガロは、9.812秒差の4位。今季の最高位を獲得すれば、再スタート前に転倒を喫し17番グリッドからスタートしたアンドレア・イアンノーネは5位。16番グリッドのエクトル・バルベラ、18番グリッドのユージン・ラバティ、11番グリッドのステファン・ブラドル、13番グリッドのマーベリック・ビニャーレスが続き、19番グリッドのホルヘ・ロレンソは、27.604秒差の10位。18番グリッドのティト・ラバットは11位。

    6番グリッドのダニ・ペドロサと12番グリッドのブラドリー・スミスは、再スタート後の1ラップ目と2ラップ目に転倒を喫したが、レースに戻って12位と13位で完走。

    再スタートもポールポジションからスタートしたアンドレア・ドビツィオーソは、2番手走行中の4ラップ目に転倒。2番グリッドのダニロ・ペトルッチは、2ラップ目にマシンストップ。

    3番グリッドのバレンティーノ・ロッシは、トップ走行中の3ラップ目に転倒。今季2度目のリタイアを喫し、6番グリッドのカル・クラッチロー、15番グリッドのアレイシ・エスパルガロ、10番グリッドのアルバロ・バウティスタも転倒リタイア。

    6番グリッドのヨニー・エルナンデェスは、最初のレースでトップを快走していたが週末2度目、今季7度目の転倒を喫し、再スタートが切れなかった。

    チャンピオンシップは、総合1位のマルケスが、総合2位のロレンソと総合3位のロッシに対して、24ポイント差と42ポイント差にアドバンテージを拡大した。

    次戦ドイツGPは、ザクセンリンクで3週間後の7月15日に開幕、17日に決勝レースが行われる。


    Assen, Sunday, June 26, 2016

    Pos. Points Num. Rider Nation Team Bike Km/h Time/Gap
    1 25 43 Jack MILLER AUS Estrella Galicia 0,0 Marc VDS Honda 146.7 22'17.447
    2 20 93 Marc MARQUEZ SPA Repsol Honda Team Honda 146.4 +1.991
    3 16 45 Scott REDDING GBR OCTO Pramac Yakhnich Ducati 146.0 +5.906
    4 13 44 Pol ESPARGARO SPA Monster Yamaha Tech 3 Yamaha 145.6 +9.812
    5 11 29 Andrea IANNONE ITA Ducati Team Ducati 144.7 +17.835
    6 10 8 Hector BARBERA SPA Avintia Racing Ducati 144.6 +18.692
    7 9 50 Eugene LAVERTY IRL Aspar Team MotoGP Ducati 144.2 +22.605
    8 8 6 Stefan BRADL GER Aprilia Racing Team Gresini Aprilia 144.1 +23.603
    9 7 25 Maverick VIÑALES SPA Team SUZUKI ECSTAR Suzuki 143.8 +26.148
    10 6 99 Jorge LORENZO SPA Movistar Yamaha MotoGP Yamaha 143.7 +27.604
    11 5 53 Tito RABAT SPA Estrella Galicia 0,0 Marc VDS Honda 138.2 +1'21.830
    12 4 26 Dani PEDROSA SPA Repsol Honda Team Honda 135.1 +1'54.369
    13 3 38 Bradley SMITH GBR Monster Yamaha Tech 3 Yamaha 104.0 3 Laps
    Not Classified
    19 Alvaro BAUTISTA SPA Aprilia Racing Team Gresini Aprilia 144.5 1 Lap
    51 Michele PIRRO ITA Avintia Racing Ducati 142.0 7 Laps
    46 Valentino ROSSI ITA Movistar Yamaha MotoGP Yamaha 145.1 10 Laps
    41 Aleix ESPARGARO SPA Team SUZUKI ECSTAR Suzuki 136.8 10 Laps
    4 Andrea DOVIZIOSO ITA Ducati Team Ducati 140.8 11 Laps
    9 Danilo PETRUCCI ITA OCTO Pramac Yakhnich Ducati 138.8 11 Laps
    Not Finished 1st Lap
    35 Cal CRUTCHLOW GBR LCR Honda Honda 0 Lap
    Not Starting
    68 Yonny HERNANDEZ COL Aspar Team MotoGP Ducati 0 Lap
    Weather Conditions:

    | Track Condition: Wet| Air: 15º| Humidity: 93%| Ground: 19º
    記録:

    Pole Lap: Andrea DOVIZIOSO 1'45.246 155.3 Km/h
    Fastest Lap: Lap: 8 Danilo PETRUCCI 1'48.339 150.9 Km/h
    Circuit Record Lap: 2015 Marc MARQUEZ 1'33.617 174.6 Km/h
    Best Lap: 2015 Valentino ROSSI 1'32.627 176.5 Km/h









    VideoPass
    無料
    (2016.09.18時点)
     App Store
    posted with ポチレバ




    関連記事
    スポンサーサイト

     MotoGP

    0 Comments

    Add your comment