アキュティーン

    Welcome to my blog

    Marvelous Act(仮)

    新潟市よりゆったりまったりお届けします。釣りやカメラを持ってお散歩したり、MOTO GUZZIで出かけたり・・・。

     GRAND PRIX ČESKÉ REPUBLIKY

    祝カル・クラッチロー優勝!8月2日に長女が誕生した、ワイルドな風貌なのにオートバイ以外の乗り物に乗ると酔ってしまうという愛すべき人物の初優勝に興奮せずにはおれません。イギリス人としてはバリー・シーン以来35年ぶりの最高峰クラスの優勝です。カルのパーソナルゼッケンナンバーが35なのは偶然なのか?
    CqYuv9tWEAA7-Rm.jpg



    以下、MotoGPのサイトより。

    https://www.youtube.com/watch?v=GZbNHa_xv84
    決勝レース:クラッチローが初優勝
    タイヤ選択が勝敗を左右したウェットコンディションの中、クラッチローが優勝。ロッシ、マルケスが表彰台。ロレンソは周回遅れの17位。
    Tags MotoGP, 2016, HJC HELMETS GRAND PRIX ČESKÉ REPUBLIKY, RAC, #CzechGP, Report
    第11戦チェコGPの決勝レースは21日、アウトモトドローム・ブルノで行われ、総合15位のカル・クラッチローがキャリア通算98戦目で初優勝。所属するLCR・ホンダに2006年から参戦する最高峰クラスでの初優勝をもたらし、総合10に浮上した。

    気温17度、路面温度18度のウェットコンディションの中、10番グリッドのクラッチローは、フロント、リアともにレインタイヤのハードコンパウンドを選択。1ラップ目に15番手まで後退したが、8ラップ目に9番手、12ラップ目に4番手、16ラップ目、残り7ラップで1番手に浮上。ライバルたちを引き離せば、6番グリッドのバレンティーノ・ロッシもハードコンパウンドを装着。1ラップ目に12番手まで後退したが、7.298秒差の2位に入り、4戦振り5度目の表彰台を獲得。

    今季5度目のポールポジションからスタートしたマルク・マルケスは、フロント、リアともにソフトコンパウンドを選択。9.587秒差の3位に入り、9度目の表彰台を獲得。

    17番グリッドのロリス・バスは4位。昨年9月の第13戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGP以来となる自己最高位タイを獲得すれば、5番グリッドのエクトル・バルベラは5位。第2戦アルゼンチンGPに続く自己最高位タイを獲得。14番グリッドのユージン・ラバティ、16番グリッドのダニロ・ペトルッチ、3番グリッドのアンドレア・イアンノーネが続き、トップ8に5台のドゥカティが進出。

    8番グリッドのマーベリック・ビニャーレスと20番グリッドのティト・ラバットがトップ10入り。18番グリッドのヨニー・エルナンデェス、9番グリッドのダニ・ペドロサ、12番グリッドのポル・エスパルガロ、15番グリッドのステファン・ブラドル、13番グリッドのスコット・レディングがポイント圏内に進出。

    2番グリッドのホルヘ・ロレンソは、2度のマシン交換を強いられて1周遅れの17位。

    4番グリッドのアレイシ・エスパルガロと7番グリッドのアンドレア・ドビツィオーソは、テクニカルトラブルでリタイア

    チャンピオンシップは、ポイントリーダーのマルケスに対して、総合2位に浮上したロッシが57ポイント差から53ポイント差に接近。総合3位に後退したロレンソは、43ポイント差から59ポイント差に拡大した。

    最高峰クラスは、当地に延滞。22日にシーズン3度目のオフィシャルテストを実施。当サイトでは、セッションスタートの10時00分(日本時間17時00分)からライブタイミングを配信。セッション終了後には、ハイライトビデオとインタビューを提供する。




    Brno, Sunday, August 21, 2016

    Pos. Points Num. Rider Nation  Team Bike Km/h Time/Gap
    1 25 35 Cal CRUTCHLOW  GBR LCR Honda Honda 149.3 47'44.290
    2 20 46 Valentino ROSSI ITA Movistar Yamaha MotoGP Yamaha 149.0 +7.298
    3 16 93 Marc MARQUEZ SPA Repsol Honda Team Honda 148.8 +9.587
    4 13 76 Loris BAZ FRA Avintia Racing Ducati 148.7 +12.558
    5 11 8 Hector BARBERA SPA Avintia Racing Ducati 148.7 +13.093
    6 10 50 Eugene LAVERTY IRL Pull & Bear Aspar Team Ducati 148.6 +13.812
    7 9 9 Danilo PETRUCCI ITA OCTO Pramac Yakhnich Ducati 148.1 +23.414
    8 8 29 Andrea IANNONE ITA Ducati Team Ducati 148.1 +24.562
    9 7 25 Maverick VIÑALES SPA Team SUZUKI ECSTAR Suzuki 148.1 +24.581
    10 6 53 Tito RABAT SPA Estrella Galicia 0,0 Marc VDS Honda 147.4 +37.131
    11 5 68 Yonny HERNANDEZ COL Pull & Bear Aspar Team Ducati 147.3 +39.911
    12 4 26 Dani PEDROSA SPA Repsol Honda Team Honda 147.2 +41.097
    13 3 44 Pol ESPARGARO SPA Monster Yamaha Tech 3 Yamaha 147.1 +43.202
    14 2 6 Stefan BRADL GER Aprilia Racing Team Gresini Aprilia 147.0 +45.687
    15 1 45 Scott REDDING GBR OCTO Pramac Yakhnich Ducati 146.2 +1'02.201
    16 19 Alvaro BAUTISTA SPA Aprilia Racing Team Gresini Aprilia 145.3 +1'18.841
    17 99 Jorge LORENZO SPA Movistar Yamaha MotoGP Yamaha 142.3 1 Lap
    Not Classified
    4 Andrea DOVIZIOSO ITA Ducati Team Ducati 135.8 7 Laps
    38 Bradley SMITH GBR Monster Yamaha Tech 3 Yamaha 140.3 8 Laps
    41 Aleix ESPARGARO SPA Team SUZUKI ECSTAR Suzuki 148.6 9 Laps
    Weather Conditions:

    | Track Condition: Wet| Air: 17º| Humidity: 100%| Ground: 18º
    記録:

    Pole Lap: Marc MARQUEZ 1'54.596 169.7 Km/h
    Fastest Lap: Lap: 9 Cal CRUTCHLOW 2'08.216 151.7 Km/h
    Circuit Record Lap: 2014 Dani PEDROSA 1'56.027 167.6 Km/h
    Best Lap: 2016 Marc MARQUEZ 1'54.596 169.7 Km/h



    カルの長女の名前はウイローちゃん。




    VideoPass
    無料
    (2016.09.18時点)
     App Store
    posted with ポチレバ




    関連記事
    スポンサーサイト

     MotoGP

    0 Comments

    Add your comment