アキュティーン

    Welcome to my blog

    Marvelous Act(仮)

    新潟市よりゆったりまったりお届けします。釣りやカメラを持ってお散歩したり、MOTO GUZZIで出かけたり・・・。

     オリジナルカラーのRowdy開封の儀

    fc2blog_201612121350464e0.jpg
    対シーバス用に、以前から欲しかったJUMPRIZE http://www.jumprize.com/のベイト「Rowdy130F」の、つり具トビヌケのオリジナルカラー2種を買ってきました。

    色の名前は一つがレッドヘッドキャンディ、もう一つがチャートバックキャンディです。

    ロウディーは初めて買うのでとりあえず裏の説明書きを読み、どんなルアーなのかを把握します。長々とそそる口上で説明書きが書かれていますが要するに、
    ①ミドルレンジ
    ②ウォブンローリング
    ③あえてバランスを崩しやすくしている。

    と、いうことはスローリトリーブでやるのが良いみたいです。

    重さが22gだから28g位まで背負えるMLクラスのロッドでもいけそうだけれど、パッケージを開けて持ってみた感触だどもう少しパワーのあるロッドの方がいいのかな?・・・と思っていたらパッケージ側面に張りのあるロッドをご使用くださいと書かれていました。やはりね。

    フックはスプロートベンドの、これは#4かな?ST46?
    fc2blog_20161212141440cf1.jpg

    ボディを上から見ると、太くてボリュームがあります。
    fc2blog_2016121214164290a.jpg

    なるほど。段々と使い方のイメージが出来てきました。

    このロウディー、もう少しで訪れるハタハタがベイトとなるシーバスの「ハタハタパターン」攻略に大いに活躍してくれることを期待します。店員さんの話では昨年新潟市内某所でやっていたらスレ掛りでハタハタを釣ったそうで、市内でもハタハタパターンが通じるのでは、との事。ですがベイトがイワシな事もありますので2パターンとも出来るようにしておくのが吉、だそうです。



    ちなみに実店舗では在庫がレッドヘッドの方は18本、チャートバックの方は28本在庫がありました。(12/12 13時現在)
    楽天市場店の方はさっき見たら残数が各5、となっていました。欲しい方はお早めにどうぞ。

    関連記事  シーバスのハタハタパターン、魅力的な各ショップオリジナルルアー。
          シーバスのハタハタパターンの予習。使われるルアーも纏めてみました。

    関連記事
    スポンサーサイト

     釣り シーバス ハタハタ ルアー

    0 Comments

    Add your comment