アキュティーン

    Welcome to my blog

    Marvelous Act(仮)

    新潟市よりゆったりまったりお届けします。釣りやカメラを持ってお散歩したり、MOTO GUZZIで出かけたり・・・。

     ハタハタパターンのシーバス狙うも玉砕・・・。

    昨日まで3mあった波が落ち着いたので伊江之浦のサーフまでシーバスを狙いに行ってきました。新潟のこの時期といえばハタハタパターン、シーバスは普段やらないボクにももしかしたらクリスマスプレゼントでヒットするかも、という淡い期待を胸に抱き、手持ちのルアーの中でもボリュームがある方なジャンプライズのロウディーをメインにサイレントアサシン140やスミスのハルカ等を投げ倒すもそう甘くはありません。残念ながらノーバイトに終わりました。

    ロウディー130Fトビヌケオリジナルカラー

    入ったのはこんなサーフ、少し沖に入っている波消しブロックで流れが複雑になっており、ルアーを引いていても投げる位置を横に2mずれるだけで手応えが変わってゆきます。このの流れを感じながらリトリーブ。引いている途中でも流れが変化していき、「ここだ」というような手ごたえもあったのです。
    DSCF6574.jpg
    いい感じの流れ方だと思ったんだけどなぁ。離岸流もそうでないところも変化に富んでいました。とはいえベイトっ気は全然無く、ゴミばかりかかってしまいます。

    DSCF6576.jpg
    今日は波の高さが丁度1m、昨日に比べ極端に落ち着いてしまったのが良くなかったか。夏場、この辺でキス釣りとかしていると海藻が引っかかる事もあるのでもしかしたら藻場が残っていて産卵を控えたハタハタが来ることもあるかも、と考えたのですがやはりそんなことはありませんでした。そもそも新潟市の海岸にハタハタは来ているのでしょうか?市内某釣具店のサイトに載っていたシーバスはお腹がほっそりしていて所謂ハタハタパターンっぽくなかったですし、少し疑問。柏崎や上越では絶好調みたいですのでこれは遠征するしかないのかな。

    DSCF6578.jpg
    日本海に沈んでゆく夕陽。まだこの位の時間はやる気に満ちていたのに、3時間も経つ頃にはすっかりと集中力も途切れ、釣りが雑になってしまったのも反省点。とても重たいネオプレーンのウェーダ―を履いて結構歩いたけれど玉砕。


    遠征か。勝手がわからないし面倒だな、とちょっと思う。

    まぁ市内でも気になる場所はあるので次はそこへ行ってみようかと考えております。天候しだいですが果たして年内に行けるかな?(流石に3mの波で釣りする度胸はありません。)





    関連記事
    スポンサーサイト

     シーバス 釣れない ハタハタ

    0 Comments

    Add your comment