アキュティーン

    Welcome to my blog

    Marvelous Act(仮)

    新潟市よりゆったりまったりお届けします。釣りやカメラを持ってお散歩したり、MOTO GUZZIで出かけたり・・・。

     めちゃくちゃ甘いいもジェンヌ、食べてみましたがやみつきになりそう。

    fc2blog_2017010913431028f.jpg
    スーパーでいい匂いをさせていたのでつい買ってしまった焼き芋、これがものすごくとろとろ甘々で美味しかったので紹介します。

    数年前から売り出された新潟市西区の特産品のこのさつまいも、「いもジェンヌ」という愛称がつけられていますが品種的には紅はるかというものだそうです。タカラジェンヌやパリジェンヌみたいに女性に受けそうなネーミングです。

    いもジェンヌとは

    新潟市西区の海岸砂丘地帯は、スイカや大根、ねぎなどの生産が盛んな地域です。
    しかし耕作されない畑が増えてきたことから、地域の農業後継者グループ「わけしょの会」が新たなさつまいもの栽培に挑戦したところ、しっとり甘くて美味しいさつまいも(紅はるか)が採れることがわかりました。
    そこで地元の商工会や新潟大学と連携してプロジェクトを立ち上げ、さつまいもが大好きな女性を思わせる上品で優雅な風味から、このさつまいもを「いもジェンヌ」と名付けました。
    「いもジェンヌ」は9月下旬から10月末にかけて収穫され、10月上旬から翌年2月下旬にかけて市場に出回ります。

                                                     新潟市西区のサイトより。

    いもジェンヌ
    こんなマークもあるみたい。ブランド品として今大いに売出し中みたいです。

    また新潟市内外のお菓子屋さんがいもジェンヌを使用したスイーツを作っているみたいで、今度そちらも食べてみようかと思います。

    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    いもジェンヌちゃんのティータイム(5ケ入)
    価格:826円(税込、送料別) (2017/1/9時点)



    ふるさと村に行けば打っているかな。






    関連記事
    スポンサーサイト

    0 Comments

    Add your comment