アキュティーン

    Welcome to my blog

    Marvelous Act(仮)

    新潟市よりゆったりまったりお届けします。釣りやカメラを持ってお散歩したり、MOTO GUZZIで出かけたり・・・。

     久しぶりの凪の日は・・・

    今日は雪が降ることもなく穏やかな天候で、海の方も波の高さが1m以下という状況だったので夕方久しぶりに海に繰り出し釣りを楽しんできました。ポストスポーンの時期にも関わらず今年は海水温が下がるのが遅れたためかこの時期でも小さいのだったらメバルが釣れている、との事なのでそれ用にライトタックルを持っていきました。

    現地に到着したらやはり海は穏やか。早速釣り開始です。日中はやはりリアクションだよな、という事で、ラインの先にはダートタイプのジグヘッド(jazzの尺ヘッド Dタイプの3g)を結びます。これでボトム・ワインドをするのです。暫くここに来なかったのですがいつの間にやらホンダワラが海面まで伸びていて、その際からやってみます。

    開始一投目からバイトが!

    が、なんかあまり引きません。案の定上がってきたのはアナハゼ
    2017_02_05 006
    冬の間海は荒れまくっていて信濃川から運ばれてきた土が舞って濁っているためか、アナハゼの体色はまさに土の色をしています。

    アナハゼは煮付けにすると美味しいらしいけれど、リリース。あくまで本命はメバルです。


    ボトム・ワインドを続けます。ベイトはシマノのアジング用のファットクネンという奴です。

    場所を少しずつ移しながらボトムを攻めるとまたバイト。でもまたもやアナハゼ
    2017_02_05 004
    今日のタックルはパックロッドのパームス・クワトロ600とダイワ07ルビアス2506。今だ現役なのです。ラインはデュエルのフロロカーボン2.5lb.です。PEラインじゃないのはめんどくさいから、というのもありますがボトムを攻めたいし、いつ強風が吹き荒れるかわからない冬なので比重の重いフロロカーボンをチョイスしました。

    少し間が空いて、またもやアナハゼ
    2017_02_05 007
    この後も、アナハゼ、アナハゼ、アナハゼ・・・。ベイトをバークレイのシュラッグミノーに変えてもイッセイ海太郎のハネエビに変えてもまたもやアナハゼ。

    陽は落ちていき、ナイトタイムでいよいよ本格的なメバリング開始か、と思われた時、致命的なミスに気が付きました。ライトを持ってくるのを忘れてしまったのです。これではトラブルに対応できなく釣りにならないので、後ろ髪を引かれる思いで釣り場を後にしました。

    今日は結局メバリングに来たはずなのにアナハゼングになってしまいました。明日からまた海は荒れるみたいなので次の釣りは何時になるやら。

    帰りに魔界に寄ってワームやジグヘッドの補充ついでに入荷したばかりのシマノの今年の新製品のリール「アルテグラ」を弄ってきましたが、なかなかよく出来ていました。もうネガに感じる事はワンピースベールじゃない事ぐらいで、数世代前のステラよりも良いのではとさえ思えてきます、というのは言いすぎかな。でも本当にいい感じでございました。


    一昔前ハイギヤといえば巻きが重かったですが流石最新の製品です、もうハイギヤでも全然重くなくてノーマルギアと同じ感じでした。

    新製品に出会える18,19日のにいがたフィッシングショーも楽しみです。(ヤマガブランクスのパックロッド、ブルーカレント70TZ NANO トリッパーズhttp://yamaga-blanks.com/staff/blc60-70tz-4pcs/を触ってみたいです)



    関連記事
    スポンサーサイト

     新潟 日本海 釣り アナハゼ

    0 Comments

    Add your comment