成長因子

    Welcome to my blog

    Marvelous Act(仮)

    新潟市よりゆったりまったりお届けします。釣りやカメラを持ってお散歩したり、MOTO GUZZIで出かけたり・・・。

     とりあえず魚の顔は見ました。



    前日1時間半しか釣りができなかったので欲求不満を解消したにまたまた海へ。行ってきた、というか何だか出勤してるようにここの所通っています。18時過ぎから始めましたがこの日ははやけに冷え込みます。時折ホットコーヒーで暖を取りながらキャストを繰り返すと19時過ぎにようやくヒット!このヒキは・・・。上がってきたのはまたもやカサゴでした。前日と同じ24cmありましたがこの魚、昨日の魚と違い何だか痩せています。その細いシルエットを見た時一瞬ハタかと思ってしまいましたがライトを当ててよく見るとやっぱりカサゴでした。ベイトはエコギア・グラスミノーS+ジグヘッドの組み合わせ。リリースしたら元気に帰っていきました。

    2017_03_29 010


    その後再び沈黙が続きます。今日は日中に普段とは逆の西からの風が吹いていたのでその風裏になる場所を釣っていたのですが19時過ぎに風も落ち着いたのでそれ迄向かい風だった所に移動、ワームも1.2インチのジャッドテールというセコいサイズのモノにしたら釣れましたメバルが。ピックアップ10秒前の結構手前でひったくる様にバイトしてきました。

    2017_03_29 018
    サイズは18cmと小さいけれど本命なので小踊りしそうになります。



    よく見たらこのメバルも細いですね。餌が採れていないのでしょうか。採れているとしたら何食っているのであろうか?それがわかればもっと魚を釣り上げる事が出来る筈なのです。

    この後も続けば良いのだけれどそうはいきません。明確なパターンを掴めないまま時間は過ぎ、ちょっと鼻水が出てきたので風邪をひかない様に早めの21時前に納竿としました。もう少し遅い時間までやればメバルのライズとかがあったりするのでしょうか?ボクのやっていた日没直後という時間帯では海面直下では不発でした。とりあえず最近はジグ単で押し通しているけれど、タックルをもうワンセット持っていき遅い時間にフロートリグも試してみた方が良いのだろうか?と、あれこれ思考を巡らせてみたりします。そういやシンペンを全く使っていなかった・・・。まだやれることはいくらでもありますね。

    今日メバルが釣れたワームはマリアのママワーム・アクションフィッシュ1.2インチです。反則サイズなのにアピール強めなのですが、このワームは以前ここで知り合った方に教えてもらったものです。夏には対カマスのシークレットベイトになるのでした。ジグヘッドリグの他スプリットショットでもいい感じに使えます。


    ところで新潟西海岸公園付近の海水温は平年よりも1℃程高いみたいです。まだ冬を脱し切れていないので小魚を全く見かけませんが、4月に入ったら大爆釣できそうな予感がします。

    マリンピア前の水温2017_03
    http://www1.kaiho.mlit.go.jp/KAN9/suion/niigata.htmより。



    関連記事
    スポンサーサイト

     メバル カサゴ メバリング ジグヘッド

    0 Comments

    Add your comment