成長因子

    Welcome to my blog

    Marvelous Act(仮)

    新潟市よりゆったりまったりお届けします。釣りやカメラを持ってお散歩したり、MOTO GUZZIで出かけたり・・・。

     沈黙の堤防。しかし何とか魚の顔を見る事が出来ました。

    今日の某所は、夕まづめの時間に先端付近でのみアジが遠投サビキで釣れていましたが、それ以外の箇所では全くアタリすら無い状態でした。外洋に面しているのに潮もあまり動いていなくて「ぬぷん」とか「たぷん」とした状態。常連N氏によると一昨日は1時間で20匹以上と絶好調だったけれど昨日は今ひとつ、今日はさらに悪いとの事でした。

    とりあえずアジを狙ってみます。夕陽が海に落ちていき、アジの群れがこちらへ回ってくるかと期待していたのですが沈黙が続きます。

    群れが回ってこなければ…、居ない魚は釣れません。それでも突如として風が強くなったタイミングで一瞬アジが回遊してきたみたいでその瞬間を逃さずジグヘッドリグで何とか一匹だけですが20cm程の釣ることが出来ました。


    (ベイトはレインのアジキャロスワンプでした。)

    ですが直ぐにこの群れは去ってしまい後が続きません。ドコニイッテシマッタノダロウ?

    アジがダメなら他があるさ、という事でここからはメバリングに切り替えます。表層付近から探りますが不発だったのでボトムを狙います。そしたら重い感じのバイトが!メバルか?と思いきやスピード感がありません。上がってきたのはやはりカサゴでした。


    (ベイトはダイワのソードビーム。)

    苦しい時も釣れてくれるからカサゴは好きです。

    でも本命のメバルがやはり釣りたい。ジグヘッドを少し軽いものにしてカサゴが釣れた時より少しだけ棚を上げてリトリーブしたら、遂に、やっと、本命のメバルがきました。


    (ベイトはエコギア ストローテールグラブ

    ここまで辿り着くのに3時間かかりました。

    この後もビシバシ釣っていきたかったのですがそうはならず、結局この3匹のみに終わりました。やっぱまだまだボクは釣りが下手ですね。今日感じたことは「もっと感度が欲しい」という事。今迄使ったことが無かったエステルのラインに手を出そうか、いや、メバルには向いていないっぽいから止めておこうか迷い中です。後はロッド、かぁ。パックロッドのクワトロでなく他のロッドを一度使ってみようかと思います。少しは変わってくるでしょうか?




    【18日まで送料無料】アウトドア用品とフィッシング用品の専門店【アウトドア&スポーツ ナチュラム 】


    関連記事
    スポンサーサイト

     釣り メバリング アジング パックロッド

    0 Comments

    Add your comment