成長因子

    Welcome to my blog

    Marvelous Act(仮)

    新潟市よりゆったりまったりお届けします。釣りやカメラを持ってお散歩したり、MOTO GUZZIで出かけたり・・・。

     現状打破のアジング。

    2017_05_21 001

    今日もアジングの修行です。またもや夕方から始めました。今日こそスランプ脱出となるか?

    まず始めたのが水深5mくらいの場所で、ココを上から刻みますがやはりアタリが出るのはボトム付近でした。ヒットルアーはダイワのアジングビーム。常連M氏が猛烈にお勧めするので買ってみましたが早速結果が出ました。フグに強い素材なのもいいかもしれません、最近になってフグが湧いて出るようになったので。

    2017_05_21 002
    何時もはフロロカーボンですが今日は珍しくPEラインを使用してみました。ラインはデュエルのアーマードF+の0.1号、編みこんでいないPEですが編み込んであるPEよりもコントローラプルでコレがライトゲームにおあつらえ向きなのです。好みが極端に分かれるラインですがボクは好きです。

    とは言いつつ、途中から風が強く吹き出したので結局フロロカーボンに戻しました。強風下ではやはりフロロに分があります。

    2017_05_21 003
    同じ場所でもう1匹。こちらはレインのチビキャロスワンプで。

    日没頃、それまで静かだった海でしたが急に流れ出します。関屋分水路の新潟大堰の水門を開放したのでしょうか?その激しめの流れは10分ほどで収まりました。小さいイワシの群れが来たりしてましたのでこれで魚の活性が上がってくれたらいいのですがそうはいかずぽつりぽつりとしか釣れません。

    またここから苦しみの時間となってしまうのか?最近暗くなるとぱったりとアタリが止まるのです。

    同じことをやっても同じ結果にしかならないので思い切って場所をシャロー帯へ移し、ジグ単で探っていくと、何とがんがんアタります。おお、ここにパラダイスはあったのか!

    2017_05_21 004
    サイズは一回り小さいのばかりでしたが(20cm弱)アジが次から次へ掛かります。20時頃アタリが止まるまで十二分に堪能できました。

    釣れたシャロー帯は今迄見向きもしなかった場所でした。時には自分の常識を疑うのも問題解決に繋がるのだとあらためて思った次第であります。



    重めのジグヘッドで遠投してみました。


    関連記事
    スポンサーサイト

     アジング アジ

    0 Comments

    Add your comment