アキュティーン

    Welcome to my blog

    Marvelous Act(仮)

    新潟市よりゆったりまったりお届けします。釣りやカメラを持ってお散歩したり、MOTO GUZZIで出かけたり・・・。

     花火を見ながらのフィッシング

    昨晩は新潟市中央区の関屋浜で花火大会が行われたのですが去年に引き続き今年も某突堤上で釣りをしながらの鑑賞となりました。同じような事を考える人が多いのか、突堤上は普段にも増して混雑しており、場所移動するのにも一苦労。最初は入りたかった場所に入ることが出来ず、やっぱりアタリが無いまま沈黙。そうこうしているうちに暗くなりドーン!という音を合図に花火大会が始まりました。関屋浜の花火は海上で打ち上げますが、浜でなく海上(の突堤)から眺めるというのもオツなものです。新潟まつり花火大会とかと違って関屋浜の花火は数百発しか打ち上げられませんが、それでも非常に趣があり、夏本番を迎えた、という気分にさせてくれます。

    2017_07_15 003
    (一眼レフでなくて古いコンデジしか持っていかなかったので花火を上手く撮影出来ませんでした…)

    夕方迄は豆アジを釣る人が多かったですが日没とともにボクと同じくテキサスリグをリグった根魚狙いの人が増えてきました。普段はクロダイのフカセ釣をしているA氏までこの日はキジハタ狙いでルアーの道具を持ってきていたのでした。彼の持ってきたのはエギングタックル。ある意味ここら辺でのキジハタ狙いでは正解な選択と言えますね。テキサスリグの操作にも問題は無さそうでした。

    花火が始まる頃、少し離れたところにいた人がヒットさせます。「くそう、やられた!先を越された!」と焦る気持ちも一瞬湧きますが花火を見ながらでしたので直ぐに落ち着き、のんきな気分でシェイクとかしているとボクにもヒット。

    2017_07_15 001
    23cmのキジハタです。小さい!小さくてもこれくらいだとスーパーでは980円くらいします。が、リリース。激戦区と化し、魚よりも釣り人の方が多いのでは?という状況でしたが、とりあえず小さいながら釣れてホッとしました。

    その後はアタリが再び遠のいたのでガルプ!のパルスワームを投入したら今度は21cmのキジハタが釣れました。

    2017_07_15 008
    4インチの、魚体に対して大き目のワームですがガッツリ食ってきます。前回の記事http://marvelousact.blog.fc2.com/blog-entry-6550.htmlのセミナーの際、釣具店店長のお奨め品を購入していたのですが、やはり匂い付きは違いますな。


    バークレイ(Berkley) ワーム ガルプ! ソルトウォーター パルスワーム 4インチ モエビ GSWPW4-MEB



    今日は行けるか?!と思われたのですがやはりヒューマン・プレッシャーが凄いせいか花火の音のせいか魚の反応が良くありません。ガルプ!でも不発なので諦めました。そう、この後は釣れないまま終了となりました。花火も何時の間にやら終わっていました。

    結局小さいのを2匹しか釣ることが出来ませんでしたが花火を見れたことも含め大いに楽しめた1日でした。次、次こそはサイズアップを目指したいデス。



    関連記事
    スポンサーサイト

     キジハタ 釣り 関屋浜 花火

    0 Comments

    Add your comment