グロースファクター

    Welcome to my blog

    Marvelous Act(仮)

    新潟市よりゆったりまったりお届けします。釣りやカメラを持ってお散歩したり、MOTO GUZZIで出かけたり・・・。

     新潟市の「洪水ハザードマップ」が更新されました。避難場所が確認しやすくなっていますよ。

    皆様もご存知の通り新潟市って、海抜0m地帯も散在していて非常に水害の災害リスクが潜在的に高い土地ですよね。信濃川、阿賀野川の2大河川やその他の河川が入り組んでいるからこれまでも水害を受けてきた土地なのですが、これを踏まえて以前から新潟市では「洪水ハザードマップ」(洪水ひなん地図)というものを公開していたのです。これがこの春見直しをされ、最新版に更新されたものが市のホームページにて公開されました。

    洪水ハザードマップ 信濃川

    今度の洪水ハザードマップは各区ごとに「中学校区版」と「河川別版」がありそれぞれPDFファイルに纏められており、避難所の位置だとかMAXでどの位浸水が想定されるのかといった事が確認できます。


    リンク⇒新潟市 洪水ハザードマップ
    ここから各区別の洪水ハザードマップを確認することが出来ます。


    新潟市では、今年度末には洪水や津波などの各種ハザードマップを一つにまとめた総合ハザードマップを配布する計画だそうですがそれ迄待てないので、ボクは早速市のホームページで確認をしました。この公開を機に皆さまも自宅や職場等の近隣の避難所の位置だとか危険箇所なんかの確認をしておくと宜しいかと思います。

    読み物としてこちらのページもどうぞ。
    水害の主な歴史、など⇒新潟市における水害リスク
    コチラなんかも興味深いです。⇒潟の記憶 亀田郷、水と土の歴史


    新潟「地理・地名・地図」の謎

    新潟郷土史研究会 実業之日本社 2015年01月
    売り上げランキング : 274054
    by ヨメレバ


    関連記事
    スポンサーサイト

     新潟 新潟市 防災

    0 Comments

    Add your comment