グロースファクター

    Welcome to my blog

    Marvelous Act(仮)

    新潟市よりゆったりまったりお届けします。釣りやカメラを持ってお散歩したり、MOTO GUZZIで出かけたり・・・。

     夕まずめにやっと本命のキジハタゲットです。

    夕まずめ、今日も懲りずにテキサスリグをキャストしまくりました。本命のキジハタ、今シーズンは未だいいサイズのを釣っていないので今日こそは!と堤防先端の結構根の荒い所を攻めます。

    そうしましたら陽が沈んで辺りが暗くなる頃にモゾっとしたアタリが。スピード感溢れるこの引きはカサゴでは無さそうです。とはいえあまり大きくなさそう。なので少しは引きを楽しみましたがすぐに抜き上げです。


    20cmに満たない小さなキジハタでしたが本命の魚です。今日は幸先がいい。

    小さいけれどとりあえず1匹釣ってホッとします。

    やっぱりボウズでないというのは精神的にも良いことです。

    暫し釣り上げた余韻に浸りますが、目的はこんな小さな魚ではありません。なので再度キャストを開始です。

    そしたらまた、同じ様な手応えの魚がヒット。


    またまた20cm無いくらいのキジハタ。

    この魚は、かなりリグのスピードを抑えてじっくり時間をかけて探っていったらヒットしました。

    成程、スローなのが今日のキジハタに良いのか。

    更にキャストし続けます。

    キャストしてじっくりフォールさせ、着底したらそこからリフト&フォール。フォール後に暫しステイさせたらまたコンっという小さなアタリ。反射的に合わせます。そしたら今度はなかなかいい引きの魚がヒット。先程の小さなキジハタとは明らかに引きが違います。時折ゴンゴンと強く引き込むナイスな引き。使っていたのはベイトフィネスタックルでしたがそれでもまだまだロッドには余裕がありました。なのでファイト時間は30秒くらいだったでしょうか、意外と早く決着がつきました。



    やっと、やっとマトモなサイズのキジハタを釣ることが出来ました。サイズを測ったら28.5cmありました。

    昨日のM氏が釣った37cmを見ているからあまり大きくは感じませんでしたが、ここいらではアベレージサイズは20cm台前半なので、それよりは大きいのです。

    今シーズン初のマトモなサイズのキジハタに思わずガッツポーズです。

    ベイトフィネスのロッド、このロッドだとツキに見放された、釣れないロッドだと一時はヤフオクで売り飛ばしてしまおうかとさえ思っていましたが諦めずに使い続けて良かったです。

    今日釣れたワームはこちら。3インチだとアタリが無かったので2インチにしてみました。

    やー、釣れると充実感が違いますね。20時過ぎに納竿し、ルンルン気分で帰宅の途に着くのでした。









    関連記事
    スポンサーサイト

     キジハタ

    0 Comments

    Add your comment