グロースファクター

    Welcome to my blog

    Marvelous Act(仮)

    新潟市よりゆったりまったりお届けします。釣りやカメラを持ってお散歩したり、MOTO GUZZIで出かけたり・・・。

     今シーズンあと何回釣りに行けるか分からないので行ってきました。

    実は、前日使い切らなかった餌の青イソメがあったのでそれを消費したかったのです。

    昨日、平日ですが夕方から時間が取れたので何時もの所へメバルを狙いに。天気は曇りで潮は若潮でした。海岸のライブカメラで確認した通り、釣り場に着くと海は数日前の時化が嘘のように穏やかで釣りがしやすそうでした。水質は、クリア。

    先に来ていた方たちに話を伺うと、何でも14時くらいから先端部で遠投サビキでアジが久々に爆釣だったとの事でした。Iさんにクーラーボックスを見せてもらうとそこには20~25cmくらいの丁度美味しそうなアジがたくさん。その後も夕マズメ前にポツポツと釣れたとの事で内心「今日はアジングすることを選択すれば良かったかな?」と思ってしまいました。

    偵察した後に、メバルのウキ釣りの準備です。今日も棒ウキでなくて円錐ウキをチョイス。ボクの手持ちのウキの中では円錐ウキの方が遠投出来、且つオモリもより軽いものを選べるのでそうしました。

    早速餌の青イソメを付けて仕掛けを投入します。最初はクサフグしか釣れませんでしたがめげずにやっているとフグとは違う引きの魚が。釣れてきたのは木っ端ですがメジナ。



    小さいのでリリース。

    その後少しのインターバルをおいて、小さいながら本命のメバルがヒット。



    次は、ウミタナゴが。



    このウミタナゴをリリースした直後に常連Mさん、そしてSさん登場です。

    3人で竿を出しますが暫くは無反応。丁度干潮潮止まりの時間だったのです。(干潮は18時12分)

    その潮が動き出し始めた時にパタパタと釣れだします。ボクの竿にもいい感じの魚が掛かります。良型のメバルか?と思いきや、またしてもウミタナゴ。25cmくらいあり結構引いたので期待したのですが、残念。



    コレにめげずに頑張ります。Sさんはボクと同じくウキ釣りをしていたのですが遠投して良い型のメバルを釣り上げましたので真似して遠投します。すると、遠くで電気ウキが沈みます。電気ウキの赤い光がボワっと鈍く広がった時がアタリなのですがそれに見とれる事無くすかさず合わせます。次こそはメバルか?メバルであって欲しい。

    上がってきたのは、



    20cmくらいのメバルでした。とりあえずこれでノルマを達成した気分になりました。

    あ、さて。一方Mさんはルアーのタックルでスプリットショットリグでフックにワームでは無くて青イソメを付けて釣りをしていたのですが、この日のMさんは絶好調。25cmくらいの良型のメバルを釣ったかと思えばカサゴも数匹釣るし、トドメは夏の魚だとばかり思っていたキジハタの25cmくらいのまで釣り上げていました。何でも、ボトム付近でリフト&フォールをしていたらヒットが続いた、という意味の事を仰られる。キジハタ、とっくに深場へ落ちたかと思っていたので驚きです。今年は例年に比べて少しだけ水温が高いからなのでしょうか。

    気温も12月とは思えないここ数日でしたが今週末は遂に雪の予報が出ていますね。やっと冬らしくなるのでしょうか。今シーズンはあと何回釣りに行けるか分からないけれど、海の穏やかな日もあると思うのでそのチャンスを逃さず釣りに行って楽しもうと思います。


    icon
    icon

    関連記事
    スポンサーサイト

     メバル ウキ釣り

    0 Comments

    Add your comment