Welcome to my blog

    Marvelous Act(仮)

    発掘!昔の釣りのムック本。

    先日押し入れを漁っていたら見つけました釣りのムック本、一昔前にはこの手の本がたくさんあったような気がします。 「釣りナビゲーション新潟」確かこのムック本は2010年頃にBOOKOFFで入手したと思うのですが、発行年を見てみると平成17年西暦で言うと2005年の本となります。これが単なる入門書かと思いきや、結構詳しく書いてあり今でも通用しそうな内容となっていたのでまたじっくりと読み返しているのです。対象魚別の解説文。...

    桜鱒(サクラマス)釣りに思いを馳せつつ本を読む。

    今週は気温が低かったり雨が降ったり風が強かったりするのでなかなか釣りには行けていません。なので自宅の部屋の中でロッドを繋いでは振ってみたりリールをくるくるとから回ししてみたりしてしまっております。それも一通り済ますと次にやる事と言えば押し入れを漁って前に買って良かった本を発掘してみたりして、その本を改めて読んでみることにしました。丁度サクラマス釣りが解禁になった(この月曜日、3月16日が新潟の解禁日...

    アオリイカ関連書籍3冊。

    今年の冬は暖冬とはいえ雨が降ると釣りに行く気も萎えてしまいます。そんな時のオススメは釣りに関するものの読書です。で、イカ先生こと富所潤さんがまたアオリイカに関する本を出すとのことで、3月の13日頃発売開始となるみたいですがこれは非常に気になります。 化夢宇留仁さんによる写真ACからの写真 「エギング超思考法」というその本、出版元の釣り人社のサイトで立ち読みが出来るのですが、その冒頭にこちらのクエ...

    米澤穂信「巴里マカロンの謎」読了。

    釣りのオフシーズンという事で読書はぼちぼちしていましたが、まだまだ積んである本が何冊もあって、この学園ミステリー小説も、先月末発売で即買ったのに読み始めたのが今になってしまいました。米澤穂信の最新刊「巴里マカロンの謎」。何と、「小市民シリーズ」としては11年ぶりの新作となります。米澤穂信といえば「古典部シリーズ」も好きだけど、こちらの「小市民シリーズ」も負けず劣らずに好みなので期待しながらページをめ...

    捨てる神あれば拾う神あり。雑誌「磯・投げ情報」が復活との事。

    先日、釣り雑誌の「SALT WATER」が休刊と発表されましたが、これは発行元の地球丸が倒産したからだとの事。出版業界の市場が低下している余波が釣り具業界にも波及しているみたいで悲しくなります。このインターネットの時代に紙のメディアの価値はあるのでしょうか?という事を考えないとどんどんと潰れていくばかりなのでしょう。何せ今や欲しい情報がデジタルな世界から素早く低コストで入手出来るのですから。1、2ヶ月遅れの情...