Welcome to my blog
    捨てる神あれば拾う神あり。雑誌「磯・投げ情報」が復活との事。

    捨てる神あれば拾う神あり。雑誌「磯・投げ情報」が復活との事。

    先日、釣り雑誌の「SALT WATER」が休刊と発表されましたが、これは発行元の地球丸が倒産したからだとの事。出版業界の市場が低下している余波が釣り具業界にも波及しているみたいで悲しくなります。このインターネットの時代に紙のメディアの価値はあるのでしょうか?という事を考えないとどんどんと潰れていくばかりなのでしょう。何せ今や欲しい情報がデジタルな世界から素早く低コストで入手出来るのですから。1、2ヶ月遅れの情...

    「バーサス魚紳さん!」2巻を発売日に即日購入。

    「バーサス魚紳さん!」2巻を発売日に即日購入。

    ボクは実は昭和世代なのですが、その世代の子供の頃の釣りのバイブルといえば「釣りキチ三平」でした。このマンガで釣りと自然を愛す事を覚えたのです。ボクだけでなくまわりみんなが読んでいたように記憶しています。そんな釣りキチ三平に登場する主要人物の鮎川魚紳(あゆかわぎょしん)を主人公に、外伝というかスピンオフ作品が新たに連載されると聞いたのは昨年の春でした。講談社のマンガ雑誌「イブニング」で誌面に載ったの...

    伝説復活!「バーサス魚紳さん!」

    伝説復活!「バーサス魚紳さん!」

    昨日米澤穂信の新作小説を買いに久々に書店に行った訳ですが、その際漫画コーナーも覗いて見たら、「バーサス魚紳さん!」のコミックがあったのでこちらも買いました。確か今年の5月か6月位にイブニング誌で連載開始されたのは知っていましたが、イブニング誌はコンビニでは売っていなかったので読んでいませんでした。それがもうコミックが発売されていただなんて。かの名作「釣りキチ三平」のスピンオフであるこの「バーサス魚紳...

    米澤穂信「本と鍵の季節」読了。

    米澤穂信「本と鍵の季節」読了。

    先日14日に発売になったばかりの米澤穂信の新作小説「本と鍵の季節」を読みました。やー、実に面白かったです。読み出したら止まらなくて一気に読破してしまいました。この作品は図書委員の高校生 堀川次郎と松倉詩門が6つの謎に挑むミステリーです。堀川次郎は高校二年の図書委員。利用者のほとんどいない放課後の図書室で、同じく図書委員の松倉詩門(しもん)と当番を務めている。背が高く顔もいい松倉は目立つ存在で、快活でよ...

    高橋久美子さんのエッセイ「いっぴき」を読む。

    高橋久美子さんのエッセイ「いっぴき」を読む。

    今年の7月、「完結」という形で活動を休止したチャットモンチーというバンドはご存知の方も多いかとは思いますが、そのチャットモンチーで2011年9月までドラマーとして活躍していた、くみこん こと高橋久美子さんは現在作家をしています。その高橋久美子さんのエッセイが6月に発売されて、即買いその時に一気に読みました。昨日初雪だった新潟市、今日も海は時化ているので釣りも出来ないのでうちで片付けしたりしていたのですがこ...