Welcome to my blog

    2017年度第1回軟体物生態調査

    0 0
    CategoryFishing
    ここ2、3日謎の腹痛でゲーゲー吐きまくって悶絶していたのです。市販の胃薬を飲んで治したのですが意外にコカコーラが胃の痛みを緩和してくれて助かりました。そんなこんなで少し間が空いたけれど我慢ができなかったので夕方から海へと行ってきました。。

    今日は「釣る」というよりも先日購入した新しいエギのスイムテストをしたかったので、エギング用のタックルを持参しました。

    現場に着いて常連さんに聞いたところ、今週になってアオリイカの姿は確認できるけれど今日は全然エギに付いてこない、との事。釣り場に付いているスミ跡は少しあるものの要は今日は釣れていない、と。ならエギのスイムテストに徹するのみ。

    先ずは先日発売開始されたばかりのヨーヅリのパタパタQラトル2.5号から行きます。これが、既存のパタパタQ(ノンラトルの)と使用感がそっくりで、軽い力でクイックにダートします。なので軽い感じのしゃくりで全然OKでした。ラトルの響きも大きくて乾いたいい音がします。今迄一番音が大きいと思っていたシマノのセフィア4×4のラウドネスよりも響き、もう今年はラトル入りを買うのはこれだけでいいかも。沈下姿勢も良好。

    次に、DUELのez-Qダートマスター2.5号。大きな突起物(パタパタフット)が付いているのにez-Qキャストと違い、その名の通りきちんとダートします。これは、使える!と、思ったその時エギの後ろに黒い物体が。アオリイカ!?

    ココでじっくり見せるようにしますがなかなか乗りません。この時期、まだ2.5号は大きすぎたか。なのでエギを急遽ヤマシタのエギ王Qライブの2.0号にサイズダウンさせると、「トゥン」としたアタリが。昨秋以来のアオリイカのアタリです。フッキングにも成功でき、懐かしい感触を味わいながら釣り上げる事ができたアオリイカはとても小さなイカでした。まさにコロッケサイズ。このエギも、今年の新製品のハイコントラスカラーです。



    この時期の新子のアオリイカを釣ることに賛否両論あるかとは思いますが素直に嬉しいです。初物なのでこのイカは美味しく頂く事にします。

    この1杯を釣った後は再びエギを2.5号に戻し、スイムテストと共に、数ヶ月ぶりのエギングの練習を。しゃくり方とかかなり下手になっていましたが少しは上達できたかも。

    この後は釣れなかったけれど、今シーズン初のエギングは実に楽しめました。

    今日好感触だったエギは以下の通りです。





    来月に入れば益々アオリイカのサイズが良くなって来ると思いますが、今秋もエギングを大いに楽しめそうです。



    関連記事
    スポンサーサイト



    アオリイカエギングエギヨーズリDUELヤマシタ
    • B!

    0Comments