Welcome to my blog

    もう10月だというのに、

    0 0
    CategoryFishing
    2017_10_01 005

    先日の台風18号来襲以来、新潟市西海岸公園の海はどうもアオリイカの調子が良くありません。一時回復したかな、と思っていたら一昨日の強風で再び海水はかき混ぜられ、昨日も濁りが入っている状態でした。そんな昨日の夕方に海へ出かけエギングをしてきましたが、渋い!あまりにも渋すぎました。いろんなエギを投入しますが全くアタリマセン。さらに悪い事に日曜日とあってか夕方でもファミリーなどで突堤上は賑わっており、この時は場所移動したくてもなかなかできなかったのです。それでも流石に日没前頃よりファミリーは帰っていきようやく自分の入りたかったポイントに入ることができました。近くに常連MさんやIさんが居たのでここで情報収集します。彼らは豆アジの泳がせ釣りでアオリイカを狙っているのですが今のところアタリは無しとの事。やっぱり渋い。

    辺りが暗くなってからようやく彼らにアタリが出始めます。そして釣れてきたのは胴長10cmのアオリイカ。ち、小さい!まるで8月のお盆過ぎに釣れてくるようなサイズです。そんなイカばかりポツポツと釣っていました。

    ボクは当初2.5号のエギをメインに時折3号を使っていたのですがなかなかアタらないのでしゃくりなどの操作が何時の間にやら雑になっていました。そのことに気づき深呼吸の後丁寧に操作すると漸くきましたよ、アオリイカが。が、やはりエギでも釣れてきたのは小さいやつ。もうこの辺にはこのサイズしかいないみたいです。

    いったい大きい(成長の速い)アオリイカは何処に行ってしまったのでしょうか?

    たぶんもう少し水深の深い所にはわんさかといると思うのですが接岸する個体が少ないように感じます。突堤の2~300m沖にテトラで作られた人工リーフがあるのですがボートを持っていたらそこを攻めることができるのに。ティップランでバコバコに釣れそうなのですが、岸から届く範囲には今日釣れたみたいな小さな個体しかいないみたいです。去年は10月の頭には胴長20cm超えのアオリイカも釣れていて、シマノのセフィア・エギングパーティの新潟大会でも好成績(3位)を収めることが出来たのですが今年は何かがおかしいです。(去年のエギングパーティの記事はこちらこちらです。)

    もうすぐで大潮ですのでアオリイカもぐっとシャローにさしてきてくれる筈です、きっと。そうなることを期待してまた海に出かけたいと思います。

    そうそう、昨日は突堤では太刀魚が釣れていましたよ。太刀魚というのが居たからイカの寄りが悪くなっていたのかもしれません。次に釣りに行くときはメタルジグやダート系ジグヘッドをこっそりと忍ばせておこうかな。



    関連記事
    スポンサーサイト



    エギングエギアオリイカ
    • B!

    0Comments