Welcome to my blog

    古いリールのメインテナンス

    0 0
    CategoryFishing
    今日は波も穏やかで少し気温も高めなので釣りに行こうかと思っていたのに雨が落ちてきて気分が削がれてしまいました。今年に入ってから1度釣りに出かけたのですがノーバイトのボウズに終わってしまったのでそのリベンジを果たしたかったのですが…。この時期といえばハタハタパターンのシーバスですが今年も釣り上げることなく終わってしまいそうな予感。

    さて、そんなわけで今日はうちにこもっております。そして何気に始めたのはリールのメインテナンス。簡単にバラせるところはバラし、クリーニングとそして注油をします。

    現役のリールにとどまらず古いリールも引っ張り出してみたりしました。

    こちらは懐かしのリョービ・イクシオーネのカシワギSP。買った当時は市川市の行徳に住んでいたのですが江戸川区の小松川の釣具屋さんで買ったものです。その頃を懐かしみながらバラします。当時はこのリール最高!と思っていたのですがやはり現代では回転は悪いは、スプールは重いわで思いっきり古さを感じせざるをえません。とはいえこのままお蔵入りさせたままにしておくのも勿体無いので今年の夏トップ縛りで使ってみようか…。このままでも何とかなるとはおもいますがヘッジホッグスタジオさんあたりからベアリングを仕入れて交換すればどうなるのかな?後で対応品があるか調べてみることにします。ベアリング交換で「使える」状態に出来るのなら御の字です。




    リールのカスタムパーツなら、HEDGEHOG STUDIO


    そう、今年はバスフィッシングも再びやろうかと考えております。タックルは処分せずに手元にあるし意外と近場で楽しめるみたいなので。今年も「熱く!」釣りを楽しみたいと思います。



    関連記事
    スポンサーサイト



    リールタックル
    • B!

    0Comments