Welcome to my blog

    【釣りマンガ】寒い日にはおひとつマンガでも読んでみませんか。

    0 0
    CategoryBook

    出典;楽天kobo つれづれダイアリー 1

    釣りマンガというと世代によって出てくるものが違うかと思いますが、ボクは子供の頃「釣りキチ三平」を夢中になって読んでいました。最近の若い方は「グランダー武蔵」なんかを読んでいたのでしょうか。ともかくボクがこんなに釣り好きになったのはマンガの影響が大きいのです。

    そんなこんなで古くから釣りマンガというのはあったわけですが、最近は少年でなくて女性が主人公のマンガが幾つかあるみたいです。と、いうわけでそれらをダウンロードして読んでみたら面白かったのです。雪も残っていて海も荒れ放題で釣りが出来ないので丁度いい気晴らしになりました。そんな作品たちを紹介してみたいと思います。


    「つれづれダイアリー」


    ”高校1年の森野アリスは、ある日クラスメイトの音々子を見かけ、その後ろ姿を追う。彼女が迷い込んだのは……、女子高生皆無の釣り場だった!? JK×フィッシングなまったりコメディ!”


    浜松が舞台です。謎少女の音々子のキャラ設定が面白いです。2巻まで出ています。


    「浜咲さんなら引いている」


    ”大きな剣道用具を担いで、
    都心にある女子高に通う浜咲さん。
    授業後は道場で稽古をすると思いきや、
    向かった先は・・・神田川!
    ウナギ、スズキ、ハゼ、クロダイ・・・釣ったら食べる。
    お魚系女子高生・浜咲さんから目が離せない!!”


    剣道の竹刀を入れるケースにロッドを仕舞う、というアイデアをボクは思いつきませんでした。ちょっと萌え系の作品です。



    「おひ釣りさま」


    ”上条星羅、24歳、女子。OLとして働く彼女の趣味は、一人で“釣り”に出かけること。ルアーにエサ釣り、川に海…。彼女はいつも“おひ釣りさま”!!”

    「おひとり様」時間を楽しんでいるOLのお話しです。主人公が魚を釣り上げて悦に浸るところがたまりません。


    「放課後ていぼう日誌」


    ”海野高校1年生の鶴木陽渚は生き物が苦手なインドア派。堤防を散歩中、先輩の黒岩と 出会ったのをきっかけに謎の「ていぼう部」に入部させられ釣りをはじめることに! 個性的 な部員たちに囲まれて、陽渚の高校生活どうなるの!?”


    手芸部に入りたかったはずなのに、何故か無理やりていぼう部という謎の部活に引き込まれた主人公はこの後どうなるのか?。この作品、釣りの楽しさが自然に描かれています。




    関連記事
    スポンサーサイト



    マンガ
    • B!

    0Comments