Welcome to my blog

    新製品のラインが着弾、しました。(DUEL BIGシリーズ)

    0 0
    CategoryFishing


    DUEL WEB MAGAZINEに登録していたらいい事がありました。

    DUEL(デュエル)のご愛顧感謝キャンペーンで、ラインが今日送付されてきたのです。送られてきたのは新製品の「BIG PE」と「BIG フロロカーボン」の2本。様々なターゲットや釣りに使えるというこのラインたち、発売以来ちょっと興味があったのですが早く使ってみたいです。にいがたフィッシングショーでも触ってきましたがなかなかの好印象でした。

    メーカー特設サイトはこちら↓
    http://www.duel.co.jp/special/big/

    号数は指定できたので、PEはショアジギングに使える1.5号、フロロカーボンはベイトフィネスやエギングに使える2号を希望しました。





    BIG PEは発売以来定評のあったSUPER X WIREに、更にシリコンコーティングしたもの、と思ってよいと思います。「大物を確実に獲るライン」とのキャッチフレーズ通り、耐久力に優れていて、対摩耗性については何と通常のPEの3倍、ということです。今回は1.5号を送っていただきましたが、8号迄の太銘柄もあるので例えばバスのウィードエリアのパンチングや更には雷魚なんかにも良さそうです。勿論オフショアのキャスティングにも。4号迄は4本撚り、それ以上は8本撚りです。元々、輸出品なので長さは135/275m巻きという中途半端な長さです。カラーはブルーとモスグリーンがあります。

    まだ使っていないので何とも言えませんが、これからは細いPEはアーマードF、太めのはBIG PEで賄えそうです。シーバスやエギング等で細糸で8本撚りが欲しければSUPER X WIRE 8がありますが、個人的にショアジギングには4本撚りの方が扱いやすいと感じています。ベイトリールでも、そう。

    早く使ってみたいと思いつつ、ショアジギングに使うリールに巻いてあるSUPER X WIREはまだまだ全然傷んでいないので実際に使うのは今年の秋以降になりそうですが…。






    地味ですがある意味、今年1番注目していた新製品のBIG フロロカーボン。対衝撃性と結節強度に優れている大物仕様との事で、他社には無い独自の素材を採用しています。正に、ハリスやリーダーにぴったりなのですが、実際に手に取ってみるとフロロカーボンにしては実にしなやかで、リールに巻くメインラインとしても使えそう。今、ボクのベイトリールには同社のTB300が巻いてありますが、これが終わったらBIG フロロカーボンを試しに巻いてみることにしようかと。50/70m巻きの他に100m巻きもある事ですし。更には120m巻き、220m巻きもスタンバイ中です。(3月発売予定)

    あとこのBIG フロロカーボンの特徴で気に入ったのが、単なるクリアカラーではなく、実際に水に漬けた時に乱反射を抑えたステルス仕様である点です。今迄ボクはエギングのリーダーにはダイヤフィッシングのジョイナー・シリーズを愛用してきました。クレハ(シーガー)やサンライン等の優れたフロロカーボンを作るメーカーがあるにも関わらず、ダイヤフィッシングという失礼ながらマイナーメーカーのラインを使ってきたのはこの「ステルス性」が飛び抜けて優れているからなのです。コチラはラインに海水と同じ色を付ける事によって水中で見えなくなるという仕様でした。BIG フロロカーボンも、完全なクリアカラーではなく、一見透明度が低いのではと思わせる感じですが、確かにキラキラしていなくて水中で馴染みよさそうです。リーダーにする唯一の難点は、ラインが巻いてあるボビンが大きすぎるという事ですが、これはTB SHOCK LEADERの空きボビンにでも移し替えて使うことにします。こちらのBIG フロロカーボンは1号から30号迄あります。

    こちらを使うのは今年の晩春・初夏頃になるでしょうか。



    今回、これらの製品をいただけたのは、DUEL WEB MAGAZINEというのに登録していたからです。こちらに無料登録し、ある一定以上のポイントを貯めたらこういったいい事があるのでした。DUEL WEB MAGAZINEはコチラ↓





    https://duelmagazine.jp/report/又はhttps://duelmagazine.jp/column/

    オープン価格なので実売価格はこちら↓でご確認くださいませ。







    関連記事
    スポンサーサイト



    DUEL新製品ライン
    • B!

    0Comments