Welcome to my blog

    PEラインで遠投するスタイルのメバリング。

    0 0
    CategoryFishing


    昨日も夕方から行ってきましたよ、釣りに。少し体がだるかったけれど、行かないで後悔するより行った方がいいと判断したのです。

    18時前に現場に着きますが誰も釣れていませんでした。なのでゆっくりと準備、ボトルコーヒーを一口ゴクリとやって余裕ぶります。まだ潮止まりの時間ですし。

    海水は、前日程の濁りが少しは取れていましたがまだほんのりと白く、なのでボトム中心の攻めになりそうな感じ。周りの遠投サビキ釣りの方達も、浮き下を結構取っています。

    潮が動き出したせいなのか夕陽が落ちかけているマズメ時に、ようやく周りの遠投サビキ師にアタり出します。が、前日は尺アジが出ていたのに今日はせいぜい25cm位のアジばかりでした。数も爆釣という程でも無くて群れも小さいみたいでした。

    と、この間ボクを始めとしたルアー組はノーバイト。アジング不発で一瞬、次は遠投サビキをしようかと思ってしまう…。釣り始めの余裕はどこへやら、かなり焦ります。

    完全に暗くなり暫くした頃、どうやら遠投サビキにもアジがアタらなくなったみたいで、サビキ師達は一人また一人と帰ってゆきます。

    と、言うことは、場所が空いて好きなポジションで釣りが出来るという事です。この日はベタ凪でしたがそれでもなるべく潮の動く場所で第2ラウンド開始です。

    狙いも、不確実なアジでは無くメバルに変更します。暗くなったからそろそろメバルも動くだろう、と。とは言ってもやる事は大して変わりはなく、TictのMキャロを使ったキャロライナリグを遠投します。

    違いといえば、潮に乗せるのではなくよりタイトにストラクチャーを攻める感じでしょうか。

    そしたらコツン、とアタリがキマシタ!

    この心地いいファイトはメバルに違いありません。


    いい引きでした。ワーム、丸呑みでした。体長を測ったら22.5cm。

    それ迄全く反応すら無かったので感無量の1匹でした。

    ここでポンポンと後が続けは良かったのですが次のヒットは30分後。コチラもさっきのと似たような感じ。


    23cm。ヒットしたワームはrainsのアジキャロスワンプの白いやつ。グローが入っているのかな、確か。濁りが残っていたのでこれにしました。

    今日のメソッドは兎に角遠投しボトムを取り、そこからストラクチャーに寄せていく感じ。なのでメインラインにはPEを使いました。PEはPEでもデュエルのアーマードFという編み込んでいないラインです。太さは0.3号(5lb.)。このラインのおかげで遠く、ディープでのバイトも上手くフックアップ出来ました。

    普通のPEよりもこれがいい所は、なんと言っても「簡単なノット(結び方)」で良い事です。正直現場でFGノットなんかを安定して結ぶのはなかなか至難の業ですが、アーマードFだとサージェンズノットやトリプルエイトノットなんかの「物凄く」簡単なノットで良いのでトラブルでリーダーを結び直す時なんか実にありがたいです。なのですっかり気に入って今ではボクはライトゲームというか、0.6号以下は全てアーマードFにしています。通常のPEより潮なじみが良いのもいいですね。なのでこれがおすすめです。アーマードはFとF+Proがありますが、素材は東洋紡のイザナス(ダイニーマ)のグレードの違いだと思います。イザナスにはSK60とSK71の2つがあって、多分Proの方はSK71を使っているのだと思います。

    デュエル(DUEL) PEライン アーマード F アジ・メバル 100m 0.3号 ミルキーピンク H4126-MP
    by カエレバ


    デュエル(DUEL) PEライン アーマード F+ Pro アジ・メバル 150m 0.2号 ライトピンク H4094
    by カエレバ


    ナチュラムだと今アーマードFの方は半額ですね。このライン、安いのもいい所。

    話がラインの方に行ってしまいましたが、釣りの方はまだ続きがあります。

    とりあえず2匹のメバルを手にして(リリースしたけれど)満足するも、まだ足りぬ、という事で釣りを続けます。2匹目のメバルからまた30分後、またヒットするも引きが鈍い。案の定上がってきたのはカサゴでした。



    このメタボなお腹の中には何が入っているのでしょうか?多分、遠投サビキ師の撒きまくっているアミエビのような気が…したのでコチラも持って帰らずにリリース。そのお腹の中のものを消化して大きくなってくれよ。

    更に15分後、また何かがヒットします。今度のは、やたらと軽い引き。何だろうかと上げてみれば、これがアジでした。


    今頃、アジ。思わず脱力…です。サイズは23cm位。

    このアジが釣れたのが20時半。ここから怒涛の釣れっぷり、といけば良かったのですがそうはならず。なので早めに引き上げる事にしました。

    帰る時にも入れ替わりで釣り人がやってきます。金曜日の夜とはいえ皆んな好きなんですねー。そんな熱い!場所を後にして帰宅の途につくのでした。



    関連記事
    スポンサーサイト



    メバリングアジングアーマードF
    • B!

    0Comments