Welcome to my blog

    新しいラインを巻いて、海へ。

    0 0
    CategoryFishing


    昨日、デュエル/エコギア プロスタッフの折本隆由さんにおすすめされたライン「アーマードF+Proロックフィッシュ」というラインを購入したのですが、早速リールに巻き変えました。

    このアーマードF、それ迄ライトゲーム(アジ・メバル)やエギングには使っていて、クセのあるラインだけれどもボクは好きだと言えるくらいまでは使い込んでいますが、それ迄使っていたのはスピニングリールです。果たしてベイトリールに巻いたらどうなのか?気になるところなので即巻き変えて海へ行って確かめてきました。

    今回のアーマードF+Proロックフィッシュは0.8号を買ってみました。それ迄使っていたのは0.6号以下のアーマードラインばかりでしたので、ちょっと太いこのラインは何だかパリパリと硬い感じがします。まるで長崎皿うどんの麺の様であります。8本撚りのPEラインはしなやかですが、それとは全く違うフィーリングで、かなり好き嫌いが分かれそうです。

    でも、このハリの強さがベイトリールに合っているような気がします。これまでボクはベイトリールにPEを巻く場合、8本撚り(8本編み)よりも4本撚りを好んで使っていました。しなやかすぎるとバックラッシュしやすい傾向があったのです。正直に言うと、トラブル続きで8本撚りのようなしなやかすぎるラインはもう懲り懲りなんです。

    と、言うことは、このアーマードFの様な特性のラインはベイトリールに巻くといい働きをするのでは。



    夕方から海へ行って実験です。

    まずは軽く(力まずに)投げてみます。うん、普通に投げられます。

    次にフルキャスト。ベイトリールのシマノ・ブレニアスのブレーキ設定は前のライン(デュエル スーパーエックスワイヤー4 0.8号)を巻いていた時のままでしたがバックラッシュする気配も見せずにするするとラインが伸びて行きました。

    うん、これはいける。

    飛距離は、スーパーエックスワイヤー4とあまり大きくは変わらない、かな。

    感度は良好、ボトムの様子がよく分かります。

    こんな感じでラインの感触を確かめつつ釣りをしていたのですが、少し気を抜いたところでいきなりのバイト。



    相変わらず小さいけれど、本命のキジハタです。そういや今シーズン、まだ日没迄時間のあるこんな明るい時間帯にキジハタを釣るのは初でした。使っていたワームはエコギア・バグアンツ2インチの北陸クリアホロ。

    予定外の嬉しい1匹。

    その後もキャストを繰り返しますが、アーマードFは時にトラブルも無く普通に使えていました。なのでその後は特にラインを意識しすぎることも無く釣りを継続します。

    そうこうしているうちに、日没。マズメ時のいい時間帯に入りました。この時間になるといきなり「時合い」になる事が多いので集中します。

    そしたらキマシタ。



    こちらも、小さい。なかなか大きめのキジハタが釣れません。使用したワームはエコギア・ロックマックス3インチのロックフィッシュインパクトという名のオレンジ色。甲殻類でなくて小魚を意識してこれを使ってみました。

    今日はいつもよりも少しはアタリが多かった様に感じたのはラインのおかげでしょうか。残念ながらショートバイト過ぎてフッキングに至らないケースが多かったです。今日は結局2匹しか釣れませんでしたが、何だか今後に期待が持てそうな、そんな今日の海でした。

    ラインのアーマードF、今後も継続して使っていきたいと思います。







    関連記事
    スポンサーサイト



    キジハタアーマードF
    • B!

    0Comments