Welcome to my blog

    今宵も夕涼みに海へ行く。勿論キジハタ狙いで。

    0 0
    CategoryFishing


    今日も夕涼みがてらタックルを持って海へ繰り出しました。目的の魚は勿論キジハタです。

    風は北東の風が3mくらいでしょうか、日中の茹だるような暑さもこの時間には収まり非常に心地よい風でした。

    使っているタックルはベイトタックルで、バックラッシュするのが嫌なのと飛距離を少しでも伸ばしたいのでまずは追い風になる西向きにキャストします。

    リグもいつものように1/4オンスのテキサスリグに、ワームはエコギア・バグアンツ2インチの北陸クリアホロ。これをセオリー通りに着底させボトムパンピング。すると程なくしてアタリがありました。



    いいファイトでしたが、小さい。20cm未満のサイズです。今年はどうもこんなのばかり釣れてしまいます。使っているベイトが小さいというのもあるのだろうけれど…。大きくすると途端にアタリのアの字も無くなるのでしょうがなく小さなワームを使ってしまうのでした。

    勿論、リリース。

    そして程なくして陽が沈んでゆきます。ここら辺のキジハタはこの夕まずめがひとつのチャンスタイムというか、暗くなるとスイッチが入ったかのようにキジハタの活性が上がってくるのです。

    そしてすぐに、またヒット。が、油断していたわけではないのですが寝に潜られてしまいました。ここで焦らずに時折シェイクしつつ基本的にはラインを張らず緩めずの状態で待ちます。すると1分程で魚がでてきました。これを逃さずに一気にリールを巻きます。

    抜き上げたキジハタは、またもや20cm未満でした。こんなのでも寝に潜られると厄介でしたが無事にキャッチできて良かったです。リーダーが根に擦られてざらざらになっていましたが持ちこたえてくれました。




    う~ん、せめてもう少しだけでもいいサイズのキジハタが釣りたい。

    ここで、先日アジ泳がせ釣りをしていた人が尺上のいいサイズを釣り上げていたのを思い出します。そう、いいサイズのキジハタは甲殻類でなくて豆アジ等の小魚を食べているのでは?と。

    なので今度はボトムパンピングではなくてスイミングを混ぜた早い動きをさせます。するといきなりガツンといいアタリが。

    さっきまでの小さい魚の1.5倍くらいのパワーで引きます。が、これでもまだタックル(ベイトフィネスタックルです)には全然余裕がありました。

    今度は根に潜られることも無くスムーズにやり取りができました。そして抜き上げた魚がこちら。



    26.5cm。またまた小さいとはいえサイズアップを一応は果たすことができました。

    やはり豆アジを模した操作をしたのが吉と出ました。



    この後、辺りはすっかり暗くなり新潟西港から佐渡汽船の最終便が出ていく時間になったのと同時にアタリも止まってしまったので納竿としました。

    今日は、ひとつ大きなヒントを掴んだような気がします。次からはスイミングというメソッドを中心にゲームを組み立てていってみようかな、と。

    今日使ったもの。












    関連記事
    スポンサーサイト



    キジハタ
    • B!

    0Comments