Welcome to my blog

    5日ぶりにキャストしまくる。

    0 0
    CategoryFishing


    新潟祭りの大民謡流しを見に行くというプランもあったけれど、どう考えても見るより踊る方が楽しそうだし、だけれどもその踊り手のグループに縁もないので結局祭りには行かずに釣りする事を選択しました。なんだかんだで5日ぶりの海は北風が強くて少しやりにくかったです。でも、その分夏の暑さが幾分弱まり実に快適でした。

    例によって夕方から竿を出しました。釣り場に着いてリグるは何時もの7gテキサスリグです。まだ明るいのでワームはエコギア・バグアンツ2インチの北陸クリアホロをチョイスしました。このカラーは日中に滅法強いのです。

    が、最初は何も起こらず、そのまま夕まずめとなります。太陽が佐渡ヶ島の向こうに沈んでから、ようやくアタリが出だします。が、なかなか乗りません。なので1度ワームをバグアンツはバグアンツでも、味付きの熟成アクアバグアンツに変えてみます。すると、キジハタが食う前に一瞬でフグの餌食になってしまいます。仕方がないのでまた元の北陸クリアホロに戻します。

    何度目かのアタリの時にようやく上手くフッキングできました。手応えは小さそうでしたが5日ぶりの魚です、慎重に寄せます。

    釣れてきたのは本命のキジハタ。



    フックは口の横にギリギリ掛かっていました。

    この1匹を皮切りに、立て続けにヒットしました。







    計4匹。

    どれもこれも20cm無いくらいのおチビちゃん達ばかりです。もう今年はこのサイズしか釣れません…。もう少し大きくなって欲しいのでオールリリース。思えば今年は殆どキープすること無く今日に至ります。殆どというか、1匹しか食べていない。

    アオリイカの時期まではキジハタフィッシングを続けるつもりですが、思わずキープしたくなるような少なくとも30cmを超えるような魚を釣り上げることができるのか段々自信が無くなってきました。小さいのを釣っていくうちに大き目のも交じるかと思っていたのだけれどもそうはなりませんでした。

    兎に角もう少し大きなのが釣りたいところです。



    辺りが完全に暗くなるとアタリは止まり釣れなくなったので納竿しました。

    今日使ったワームはこちら。






    関連記事
    スポンサーサイト



    キジハタ
    • B!

    0Comments