Welcome to my blog

    エギングのリーダーについて

    0 0
    CategoryFishing
    エギングは飛距離と感度が重要視されるため細くて強いPEラインを使う方が多いかと思います。ただこのPEラインは横方向というか摩擦に弱い為、そのままでは岩などに触れてラインブレイクしてしまいます。なのでPEラインの先端部に擦れに強いリーダーを結ぶのは最早常識ですよね。

    このリーダーですが、エギングでは主にフロロカーボンを使う方が多いです。擦れに強く、またフロロカーボンは比重が大きいので沈んでいくエギのアクションを妨げないので多用されているのでしょう。

    秋イカに使うには太さは1.5~2号が最適でしょう。長さはボクは少し長めのひとヒロ~2m程取っています。これぐらいの方がエギのフォールが安定すると考えています。

    このフロロカーボン、光の屈折率が水に近いと言われています。と、言うことは水中で見えにくい筈です。が、しかし実際には海水は濁りが入っていて完全クリアの透明ではありません。なのでボクはエギングのリーダーには「色が付いた」物を使っています。

    それがダイヤフィッシング ジョイナーエギングリーダーライン。「スペック」でいえばこれより優れたラインはいくらでもあります。が、「見えにくい」という性能に関してはこのラインが最高でしょう。

    色が付いている、と申しましたがどんな色かと言うと薄茶色。



    ↑こんな色です。透明なのが多いフロロカーボンでは色付きは珍しいです。

    漁師さんが散々テストし時には海中に潜って目視したりしてできたのがこのカラーなんだそうです。確かにボクごときが見ても、あまりキラキラしないし海水に漬けると全く見えなくなります。

    ところが、

    このライン、2年前にネットでまとめ買いしたのですが手持ちがあと残り僅か1つになってしまいました。釣行毎に結び変えているからなのですが消費が激しすぎますかね。なのでまた買わなきゃ、と思っていたのですがここにきてネットにも在庫が無くなってきています。もっと買っておけばよかったです。なので代わりになるものを探していたのですがいくつかフロロカーボンを使ってみて良かったのがデュエルの「BIGフロロカーボン」。このライン、キジハタ釣りのリーダーとして使っみたのです。そしたら強くてしなやか、適度な伸びもありショックを吸収してくれるし結節強度も良かったです。そして水に馴染みやすいカラーがほんのりと付けられています。勿論キジハタとエギングとでは求めるものがちょっと違いますが。でもこれならクレハの製品にも負けていない…!

    デュエルって色々やらかしてくれるメーカーではありますが少なくともこのBIGフロロカーボンはいいです。惜しむらくはラインの巻いてあるスプールが大きすぎるという事でしょうか。これが、リーダーに良くあるサイズのスプールでも売り出してくれたらなぁ。


    他にはこんなのも宜しいかと思います。こちらの2品は間違いない製品です。



    いずれも素晴らしい製品だと思います。次期FXはこの中から選ぼうかと思います。



    関連記事
    スポンサーサイト



    エギングリーダーライン
    • B!

    0Comments