Welcome to my blog

    ロッドが折れた。

    0 0
    CategoryFishing



    8月29日の夕刻、海でエギングをしていたらロッドを折ってしまいました。折れたプロセスはというと、エギがウィードに根がかりし、それを外そうとロッドを煽ったらポキリ、と呆気なく。もう、直接ラインを手に取って引っ張れば良かったです。使っていたロッドはシマノのトラスティックS710L。秋イカに程よいライトパワーのパックロッドです。4ピースのロッドの#3、つまり先から3番目のピースが折れたのです。(根元から2番目)

    古くて重いロッドですが割と気に入っていて、これまで沢山の魚やアオリイカをこのトラスティックで釣ってきました。折れる兆候は全く感じなかったのですが多分、今迄の疲労が蓄積されて折れに繋がったのではないかと。エギングはロッドへの負荷がハンパないですし。

    持ち運びの際、付属のハードケースでなくてソフトケースに入れていたのも良くなかったかもしれません。



    直ぐに釣りをやめて向かうは釣具店。道すがら、「新しいロッドを買ってしまおうか?」とも考えましたが店に着いて修理(というかパーツの発注)の相談をした際、トラスティックS710Lの#3は4400円プラス消費税で済むことが分かり、もう少しこのロッドを使うことに決めました。

     ts710l

    パックロッドは各セクションが安上がりなのもいい所です。普通の2ピースのロッドならロッドにもよりますがワンセクションあたり1万円以上しますから。



    ところで、修理を依頼した釣具店に懐かしい顔がありました。前にここに勤務していた某氏が再びこちらの店舗に異動で戻ってきたとの事。前にも良くしてもらった方なので嬉しいです。これは、今後はネットでなくてなるべくこの人から買いたい所ですが、トラスティックも修理という事で当面大きな買い物は無さそうなのが残念です。

    さて、修理というかパーツの方は店員さんがタブレットPCで直ぐに在庫確認してくれ、在庫があるということでその場で即ワンタップで発注完了。実に便利な世の中です。

    在庫ありという事は、1週間もしない内に釣具店にパーツが届きそうです。



    パーツが届く迄は、釣りの方は2ピースのエギングロッドを使おうかと。これもまた古いロッドで、Kガイドの未だ無い時代のローライダー+LDBガイド装着という、PEラインでの釣りが主流になり始めた頃の物ですが仕方がありません。対象が2.5号から3.5号のエギ向けのロッドですがティップが繊細なので2号でもいける!と踏んでいます。2ピースはバイクでの持ち運びに不便ですが、秘密兵器としてロッドをたすきがけで持ち運べる物も持っているのです。



    でも春イカ用のロッドで秋イカ、しかもまだはしりのこの時期にアオリイカを掛けても面白くないだろうなぁ…。

    そういやトラスティックには#3セクションの交換部品として、長さを変えられる部品が付属しているんだった。こういうギミックのあるロッドはほとんど無いですが、こちらのパーツを使うと6フィート10インチのショートロッドとして使えるのです。ちょっと長さが足りないけれどこちらでやる、というのも有り、かも。



    (もう少しでシマノ フリーゲーム↓を買ってしまうところでした)

    関連記事
    スポンサーサイト



    シマノパックロッド
    • B!

    0Comments