Welcome to my blog

    潮が動き出した瞬間に!

    0 0
    CategoryFishing


    連休2日目、秋分の日の夕方も海へ出かけてエギングです。16時半から釣りを始めましたが休日とあってか堤防上は大賑わいで場所移動するのも無理でしたので空いていたスペースで一箇所に腰を据えて釣りをします。が、まだ日が出ている段階では何も起こりませんでした。周りを見渡してもファミリーのサビキ釣りもポツポツといった感じの釣れ具合。そう、今年は豆アジが少ないのです。だからそれを捕食するアオリイカもあまりショアに来ないのでしょう。

    日没前後、ファミリーも帰られる方が多く漸く空いてきました。ここで常連M氏やS氏、I氏がいた堤防真ん中よりも少し手前側に移動しそこで釣りをする事に。

    最初はラトル入のエギで誘い、ノンラトルのエギでフォローする様な形で釣りを進めるとこれが功を奏し、漸く本日初ヒット!



    胴長12cm。

    ヒットしたエギはヨーズリのアオリーQ RSの2.5号の、テープがマーブルで背中がオレンジの奴です。もう布も破れ、瞬間接着剤で補修に補修を重ねたボロボロのエギでしたが良くヒットしたものです。

    これで調子に乗れれば良かったのですが、今年は実に渋い。この日も再び沈黙の時間が始まってしまいました。で、気が付けば潮止まりの時間。新潟市、というか日本海は干満差があまり無いのですがそれでも潮の影響はあります。



    なかなか釣れない時間が続き心が折れそうになります。しかしこの潮止まりの時間でもM氏はアジの泳がせ釣りで計4匹のアオリイカを釣り上げていましたのでアオリイカがいないわけでは無いのです。

    が、エギには無反応。上のタナから色々探ってもダメでした。遂にはダイソーエギを持ち出して徹底的にボトムも探りましたが…。虚しく時間は過ぎてゆくばかり。

    この日の干潮の時刻は20時34分。ここ迄アオリイカ1匹しか釣れていません。何時もならここで釣りを止めるのですが、連休中日という事もありもう少し粘ってみることにしました。

    そして1時間後、潮が動き出す時間です。

    その時はノンラトルのエギを使っていたのですがここで満を持してラトル入のヨーズリ パタパタQラトルのブルー夜光ゴールドバレンシアというカラーにチェンジした所、2投目にズンっというアタリが!1匹目よりも少し力強いその引きを堪能しつつ抜き上げると、



    胴長15cm位でしょうか。

    沈黙の時間帯に苦労したので喜びも大きいです。ここ迄粘って良かったです。潮の動き出し+ラトルによるハイアピールで思惑通りに釣り上げる事が出来ました。



    この1匹で満足したので、ここで納竿としました。16時半から22時迄の5時間半で2匹、爆釣とはいきませんでしたがボウズにならなかったし、良しとしますか。

    使った主なエギは、



    です。

    実はショックな事にヤマシタのエギ王Kを1本殉職させてしまいました。今度また買いに行かなきゃ。


    アウトドア&スポーツ ナチュラム


    関連記事
    スポンサーサイト



    エギングエギアオリイカ
    • B!

    0Comments