Welcome to my blog

    試行錯誤なアオリイカ釣り。

    0 0
    CategoryFishing


    今日は初めてアジの泳がせによるアオリイカ釣りに挑戦してみました。

    15時に現場入りし、先ずはエサとなるアジを釣らなければなりません。が、今日の海は激濁りで最初は全然釣れません。使っていた磯竿のシマノ ボーダーレスBBは1.5号相当のロッドですがやはり遠投竿と違い、ウキを付けた投げサビキ仕掛けを遠くに飛ばすことが出来ずに苦戦。隣ではMさんが3号の磯竿で遠投してポツポツとアジを釣り上げていました。が、ボクに釣れるのはクサフグと木っ葉メジナのみ。サビキ釣りは久しぶりな事もあり、いきなり苦戦を強いられます。



    メジナ、可愛いんだけど泳がせのエサにアジほど向いていそうに無いのでリリース。

    アオリイカを釣る遥か手前でこのまま挫折してしまうのかと思われた16時半頃、日が傾きかけた時に奇跡的にアジの群れが回ってきました!

    ここで漸くエサとなるアジをゲットです。8匹ほど釣ったので場所を移動し夕まずめに備えます。エサはマルキューのアミ姫キララを使っていたのですが、丸々1本消費してしまいました。予定では半分くらいしか使わない筈だったのですか、それだけ今日は厳しかったのです。

    そしてアオリイカ釣りへと。

    仕掛けは先日作った「リュック針」。これをウキ釣りで運用しました。が、このリュック針はアジの背中にも針を刺すのですがこのせいか直ぐにアジが弱ってしまいます。手作りの仕掛けでしたがまだまだ改良が必要なようです。

    仕方がないので市販のアオリイカ仕掛けに変更します。こちらは、針を鼻がけするだけで背中には針は打たないので比較的アジが元気に泳ぎ回ってくれました。

    いつの間にやら日没、そして辺りが暗くなる頃、一瞬ハピソンの2号の自立式電気ウキが沈みます。イカならばこのまま暫く沈みっぱなしになる筈ですが残念ながらそうはならず、直ぐに浮いてしまいました。仕掛けを回収してみると、アジは頭を残してすっぱりやられていました。これはアオリイカでなくて魚、多分タチウオにやられたのだろうとこの釣りの先輩であるMさんは言います。この釣りをしていてタチウオが掛かることが良くあるのだそうです。

    そのMさんは、40cmオーバーのヒラメを釣り上げました。実に羨ましいです。どうやらこのアジの泳がせ釣りは思ったよりもバラエティに富んだ釣りみたいです。

    釣りを続けます。

    が、冒頭で述べたように今日の海は激濁り。なかなかアオリイカからの反応はありません。Mさんと、後から加わったSさんと3人で竿を並べますが、皆アタリがありませんでした。

    それでも1回、ボクのウキがすぅ~っと沈みました。これ、アオリイカじゃない?

    ですがどのタイミングであわせたらいいのか分かりません。アオリイカは一旦アジに抱きついたら暫く離さずにいる、と予測し、ここぞ!という所で竿を立てリールを巻きフッキング!したのですが、スカッと空振り。アオリイカは乗ってはくれませんでした。

    アタリらしきモノがあったのはこの1回のみ、でした。

    あまりにも釣れなくて、20時頃に皆アオリイカを手にする事無くストップフイッシング。

    この釣りをする迄はもっと簡単な釣りかなと思っていたのですが、なかなか難しかったです。エサ釣りならもっともっとアオリイカが釣れるだろうとタカを括っていましたが、今日は残念な結果に終わりました。

    やり方としては間違ってはいないと思うので、今シーズンもう一、二回はこの釣りを試してみたいところです。

    今日使ったもの










    アウトドア&フィッシング ナチュラム


    関連記事
    スポンサーサイト



    アオリイカアジ
    • B!

    0Comments