Welcome to my blog

    来るべきアジングシーズンに向けて34のエステルライン「ピンキー」を巻いてみました。

    0 0
    CategoryFishing
    新潟東港のハッピーフイッシングのブログによると、今、20~28cmのアジが好調に釣れている、との事です。と、言うことはもう間もなく新潟市西海岸公園のホームフィールドにも良型のアジが回ってくるかもしれないです。

    昨日のアジのサビキ釣りでも、ボクは豆アジだけでしたがMさんは20cm位のアジを上げていましたのでこれはもしかしたらアジングでもいけるかもしれない、と思いアジングの準備も始めました。

    アジングといえは先ずはジグ単ですが、このジグ単、苦手なんです。リグがあまりにも軽すぎて何をやっているのか分かりません。なので何時もはティクトのMキャロを使ったキャロライナリグで釣っていたのです。ですが何時までも苦手のままなのも良くないと思い、次はジグ単の釣りを勉強する事にしました。

    先ずは手始めに、リールに巻くラインを変えました。軽いジグヘッドを扱うにはやはりエステルラインが良かろう、と、ちょうど手元にあった34のピンキーというエステルラインを巻いてみることにしました。前に34の家邊さんが新潟に来た時のイベント時に買っておいたのですが、ちょっと力を加えただけで切れてしまう脆いラインだと感じたので今まで使わなかったのです。ですが折角買ったのだから1度は使わねば、という思いもあり巻いてみることにしました。

    「あなたの釣られる魚は何gですか?」とパッケージに記載されているこのライン、リールのドラグセッティングが難しいですがそのセッティングが決まればそうそうやられる事も無いそうですが、果たして…。

    号数は0.3号、1.4lb.です。(初めてエステルラインを使う場合はこの0.3号が良いそうです。)



    リールは09ツインパワーMg C2000S。古い機種ですがまだまだ現役なんです。

    ピンキーは200m巻きなので、下巻きはせずに全部巻きましたところ、



    この様にC2000Sのスプールに丁度良く巻くことができました。

    これに併せるロッドは、今持っているメジャークラフトのクロステージCRK-T764Mだとチューブラーティップなのでキャロは良くても超軽量リグを扱うには不向きなのでジグ単を扱いやすいようなソリッドティップのロッドを新しく購入する事にしました。それは届き次第また改めてインプレしたいと思います。


    アジは釣っても面白いし食べても良し、なので早くボクのホームフィールドにも回ってきて欲しい所です。



    アウトドア&フィッシング ナチュラム


    関連記事
    スポンサーサイト



    アジアジングライン
    • B!

    0Comments