Welcome to my blog

    試投。(シーバス用の大きめのミノーを投げ倒す。)

    0 0
    CategoryFishing


    昨日の日曜日はうちの裏の浜でルアーのキャスティングの練習をしてきました。普段はシーバスはやらないのですが対ハタハタパターン用の大きめのミノーを投げるのはさらに輪をかけて久しぶりなので、それに慣れるための練習です。

    ロッドのシマノ・ディアルーナも使うのは7月のシロギス釣り以来で、最初はびっくりする位にルアーが飛びません。それでも何回か投げるうちにコツを思い出してきて、波打ち際の波の立っている所(波頭)よりも沖側に撃ち込めるようになってきました。距離にして50m位でしょうか。

    今回用意したルアーは、

    シマノ・レスポンダー149F
    サイレントアサシン140F
    ima・サスケ140烈波
    JUMPRIZE・ロウディ130F
    エバーグリーン・ストリームデーモン160

    等です。これをメイホーのVS-3010NDDMというケースひとつに入るだけの量のみ持参したのです。


    慣れてくるとペンデュラムキャストでさらに飛距離を出すことも可能になってきました。やはり練習はするべきですね。

    裏の浜には徒歩で向かいました。海辺までたどり着くのに約10分。釣り用のスバイクの付いた長靴をガチャガチャ言わせながら向かいます。この浜に抜ける道は今どき珍しく砂利道だったのですが、丁度今、舗装の工事を行っていて、クリスマス過ぎにはその舗装が終わるとの事でした。なので、この工事が終わればネオプレーンのウェーダーを履いたままバイクに乗って裏の浜迄釣りに行くのも苦にならなくなるのです。これは釣りが捗ります。

    さて、また寒波がやってくるとの事で今週は降雪する見込みですね。この寒波が抜けた時には流石にハタハタも接岸しているだろうから、行けそうだったらそのチャンスを逃さず通おうと思っております。このサーフはテトラも沢山入れられているのですがここでハタハタを餌にするシーバスも釣れないことは無いと思うのです。確率は低くても投げなければ魚は釣れませんので、キープキャスト、投げ続けたいと思います。

    寒さ対策の仕上げにカイロも沢山買っておいたし、もう臨戦態勢になっているのでした。




    関連記事
    スポンサーサイト



    • B!

    0Comments