Welcome to my blog

    ダイワからまたしても魅力的なパックロッドが出る模様。エアエッジモバイル。

    0 0
    CategoryFishing
    ジャパンフィッシングショーも今週末に控え、各釣り具メーカーも今年の新製品の情報をネットでも公開してくれるようになってきました。業界最大手のダイワもしかり。セルテートやミリオネア等のリールやモアザン、ジグキャスターライト等のロッドを始めとして色んなアイテムが公開されています。その中でパックロッドマニアなボクが注目したのが「エアエッジ モバイル」というパックロッドです。

    エアエッジmb


    まぁ、バスロッドのシリーズなのですが、汎用性が高そうでそそられます。

    ダイワがグロープライドという会社となり、かの佐藤可士和デザインのDマークがデカデカと使われるようになってからはボクはあまりダイワ製品を購入する機会も減っていたのですが、久々に心に響く製品の登場に歓喜。

    エアエッジモバイルは9アイテムありました。ダイワのサイトの紹介文を見てみると…




    次世代スタンダードバスロッドのモバイルモデル。



    ■664MLB
    強靭なバットを併せ持つパワーベイトフィネスロッド。高低差のあるハードボトムやシャローカバーのスタックをかわし、抜群の感度でネコリグやスモラバ、高比重ノーシンカーのベイトフィネス、スモールクランクやシャッド、3/8oz.前後までのハードベイトやワイヤーベイトまでも対応。

    ■664M/MLB
    軽負荷ではファスト、負荷が掛かるにつれてパラボリックベントするマルチテーパーのバーサタイルロッド。ベイトフィネスリグのウェイトを乗せやすく、コンパクトスウィングでのアキュラシーキャストが可能。またヘビーダウンショットやライトテキサスなどのリグにも対応し、3/8oz.~1/2oz.までのクランクやスピナーベイト、11cmクラスのジャークベイトにも対応する。

    ■694HB-SB
    ジョイントビッグベイトやスイムベイトに対応する、硬くて曲がるスローテーパーのビッグベイトロッド。ビッグベイト、スイムベイト、クローラーベイトを魅力的なアクションにすることが出来る。またスローなスウィングでも竿にルアーを乗せてキャスト出来、ソフトなプレゼンテーションを可能にしている。ビッグベイトのみならず、フロッグやラバージグのカバー撃ちにも高次元に対応する。

    ■6104MB
    近距離のみならず遠投も可能なバーサタイルロッド。ルアーウェイトをしっかりロッドに乗せて狙ったスポットへのアキュラシーキャストとロングキャストが可能。ハードベイトなら1/4oz.から5/8oz.クラスまで対応。メリハリのあるベリー~バットセクションがワイヤーベイトやテキサス、ライトジグのカバー撃ちにおいてのフッキング性能を持つ、使い手を選ばないマストアイテム。

    ■6104MHB
    様々なルアーを心地よく扱えるパワーバーサタイルロッド。ルアーのウェイトをロッドに乗せやすく、ロングキャストも可能なレギュラーファストテーパー。手元に響く手感度とカバーの回避能力を生み出し、テキサスリグやラバージグのカバー撃ちのみならず、1/2oz.以上のスピナーベイトのスローロールやスイムベイトにも対応する懐の深さを魅せる。

    ■644UL/LS
    ティップは「UL」パワー、バットは「L」パワー設定のフィネススピン。ソフトなティップと強靭なベリーから急激に立ち上がるエキストラファストテーパーにより、ネコリグやスモラバ、ダウンショットなどのライトリグを繊細に操作出来る、ライトリグのベースとなるロッド。

    ■644L/MLS-ST
    「L」パワーのメガトップソリッドに「ML」パワーのチューブラーを継いだメガトップソリッドティップ仕様のフィネススピン。抵抗の大きいリグでもボトム形状を把握出来る繊細さを併せ持ちながら、スタックをかわすスナッグレス性能とシャキっとしたチューブラーにより操作性、遠投性能という相反する要素を兼ね備えている。高速巻きのシャッドなど巻きの釣りにも高次元に対応。

    ■664ML/LS
    ティップは「ML」パワー、バットは「L」パワー設定のフィネスバーサタイルスピン。強めのスティッフなティップセクションを搭載したファストテーパーにすることでスタックをかわしやすく、あらゆるリグへの対応が高次元で可能。シャッドなどの小型ハードベイトにも対応する。

    ■684ML+S
    MLパワーよりも強めのML+のパワーフィネススピン。カバー周りやビッグレイクのウィードフラットや漁礁エリアで通常よりもシンカーが重め、ワームサイズも大きめのセットアップでもティップがリグの抵抗やカバーやストラクチャーに負けてもたれず、メリハリのあるアクションをさせることが可能。掛けてからは強靭なバットパワーで一気に引き剥がす。



    X45(=Xトルク)
    メガトップ(644L/MLS-STのみ)
    HVF
    BRAIDING X
    オールステンレスフレームSiCガイド
    竿袋

    引用;ダイワ エアエッジモバイル




    スペックは、

    エアエッジmbスペック









    実売価格は22000円ちょいくらい。

    全て4本継ぎですので仕舞寸法は60cm未満となっていますし付属品のケースもこれまたよく考えられていて、「あぁ、ダイワはパックロッドユーザーの顔が見えているんだなぁ」と感じます。これなら電車釣行もオートバイや自転車での釣行も捗ります。コンパクトカーに常時積んでいても邪魔にならないし、勿論海外遠征なんかにも使えます。

    エアエッジモバイル1

    宅配便で長尺物の送料の大幅な高騰を受け、又2020年バス問題もあり、もう今迄主流だった1ピースのロッドなんてこの日本では一部のマニアだけの物となることでしょう。そう、時代はマルチピースなのです。

    今の所バスロッドとシーバスロッドにパックロッドが多くありますが、これからは他のジャンルにもパックロッドが増殖して欲しいなと思います。

    兎に角、アイテムが増えてどれにしようか迷うのも最近までは考えられない事でした。エアエッジ モバイル、早くにいがたフィッシングショーで触ってみたいです。ダイワさん、期待しています。






    関連記事
    スポンサーサイト



    新製品パックロッドダイワ
    • B!

    0Comments