Welcome to my blog

    アイドルに負けた!ボクのラインの結節。

    0 0
    CategoryFishing


    にいがたフィッシングショー2日目、今日も行ってきました。今朝は開場の直前(10時頃)に朱鷺メッセに到着したのですが、昨日にもまして凄い人が並んでおります。



    1万人くらい居るのではないかと思ってしまうくらいの人、人、人。到着が遅れたのでその後列に並びますが入場出来たのは10分後となり、お目当てのティクトのガラポンは定員オーバーでする事が出来ませんでした。なので他のブースを回ります。

    2日目なので大体のブースの位置は把握出来ているのですが、昨日行かなかった所にも行ってみました。そのひとつがクレハ(シーガー)のブースです。ここではサルカンと3号のフロロカーボンのラインとを結んだ結節強度を測定してもらえるのです。早速ボクもラインとサルカンを貰って結びました。で、測定結果はというと、



    結節強度4.83kg。このライン、ノーマルなシーガー3号だと平均3.7kgだそうですので平均は超えていました。ですが、他の人の結果を見ると5kg台の数値をたたき出している人も結構いて少し自信を失いかけました。ボクは笛木展雄さん式変形ダブルクリンチノットをやったのですが、この結び方を安定して出来るようになってきたので5kg台が出れば、にいがたフィッシングショーのトリを飾るイベントのノットグランプリに申し込むつもりでいたのですが(景品が豪華なのです)、やめておきました。



    さて、そのノットグランプリは見学する事に。司会は毎年恒例の小沼正弥さん泉裕文さんそしてふくだあかりさんです。

    ここではプロのアングラーさんに混じり素人の方もステージに上がって結んでは計測し、を繰り返します。高い数値を記録する人はパロマーノットを使う人が多かったです。

    さて、それに混じり、新潟の地方タレントのヤンさんやアイドルのRYUTistのメンバーもノットグランプリに挑戦していました。みんな事前に小沼正弥さんを先生にして練習したとあって中々の数値を出していました。中でもむぅたんこと五十嵐夢羽さんがたたき出したのが5.36kg!プロも含めて全体の第5位です。ま、負けた…!完敗です。何ノットを使っているのか分かりませんでしたがそれが何か気になります。

    とりあえずボクは、パロマーノットも覚えようと思ったのでした。







    関連記事
    スポンサーサイト



    フィッシングショーラインノットRYUTist
    • B!

    0Comments