Welcome to my blog

    にいがたフィッシングショーで見かけた気になったロッド(主にパックロッド)

    0 0
    CategoryFishing
    先週末に行われていたにいがたフィッシングショーですが、皆様お目当ての品はあったかと思います。ボクもそうですが、何せパックロッドマニアなのでどうしてもパックロッドに目がいってしまいました。

    1番気になったのが、シマノのスコーピオン。その中でも5ピースの1652R-5を中心に触ってきましたが、これがまぁよく出来ている事。



    癖のない、綺麗なベンドカーブを見せるこのロッドに一目惚れしてしまいました。敢えて言うならボクはキジハタに使いたいのでもう少しレングスのあるのがあればなあ~、と。シマノのスタッフさんに聞いたらごにょごにょと誤魔化されてしまったので(明確に否定はしなかったので)もしかして追加で出るのかも…いや、出て欲しいです。





    次に見たのはAPIA(アピア)のグランデージライトにラインナップされたライトゲームロッド。こちらも5ピースです。



    ソリッドティップの68/5とチューブラーティップの76/5があります。こちら、APIAのスタッフさんに「どうですか、このベンドカーブは!全く5ピースと感じさせないでしょう」と力説されましたが確かに綺麗な曲がりです。値段が違うからあれだけど、ボクの持っているライトゲーム用のパックロッドのメジャークラフトのクロステージと比べてもかなり良いです。パワーも有りそうだし、このロッド達も気に入りました。






    あと、絶対見ておきたかったのがダイワのシーバスロッドのモアザンワイズメン。



    このロッド、定価が10万円もしますが、ある意味究極のパックロッドなのです。特に4ピースのAGS 97ML/M-4を中心に見てきました。最新の技術がこれでもかと注ぎ込まれていて、兎に角軽い。曲げてみてもワンピースかと思うくらいだしこれは凄かったです。お値段がお値段なのでポンッと買う訳には行かないけれど、シーバスをやり込んでいる酔狂なアングラーさんにオススメです。




    パックロッドの他にも見たかったのが、お値段はリーズナブルなのだけれどもガチで40アップのキジハタと戦えるロッドのシマノ・ハードロッカーBBです。これのバイトキャスティングロッドのB76Mにどうしても触れたかったのです。今迄はバスロッドを使ったり、小さなバイトも掛けたくてベイトフィネスのロッドを使ったりしていましたがやはり不満は多かったので今年はもっと戦えるロッドを購入しようかと。パックロッドでないのが残念ですが贅沢は言うまい。



    シマノのサイトにはまだ写真が載っていませんが、このロッドのグリップ周りのコスメはこんな感じでした。




    その他にもヤマガブランクスの93オールレンジだったりAPIAのグランデージライトの82だったりと、ライトゲーム用のフロートリグが使えるロッドにも目がいってしまいました。


    あと、感銘を受けたのが天龍(テンリュウ)のライトゲームロッドのルナキア。某YouTuberさんがこれは凄いと言っていたので触ってみたのですが、確かにこれは良かったです。触ってみると感度がビンビンです。西陣織のグリップも美しいです。








    ボクはライトゲーマーなのでライトゲーム用のロッドを主に見て回りましたが、どれも良くて目移りしてしまいました。あぁ、本当に悩ましい。

    今年は2、3本程ロッドを購入しようかと思っていますが、この勢いに流されずに良~く考えて結論を出したいと思います。



    関連記事
    スポンサーサイト



    フィッシングショー新製品パックロッド
    • B!

    0Comments