Welcome to my blog

    メバル狙いなのに、中層を探っているのにカサゴが…。

    0 0
    CategoryFishing


    餌の青イソメが余っていたので昨日の夕方もウキ釣りでメバルを狙ってみました。海は意外と風が強くて前日よりも少しだけ寒さを感じますが、真冬並みの防寒装備で来たので問題なし。

    16時過ぎから釣りを始めますが、やはりまだ明るい時間は何の反応もありません。フグすら釣れないので「フグでもいいから掛かってくれ」と思っていたらそのフグがきました。



    フグだけど20cm位あり、まあまあ引きを楽しめました。

    そうこうしているうちに日没の時間に。



    これから本番です。

    ウキ釣りという事で使っているのはロッドははシマノのボーダーレスBB420M-T。普通の磯竿よりも短いのですが、これが取り回しがしやすくて気に入っています。リールはダイワの古い安物リールのサイ2300にラインはデュエルCN500の3号を巻いています。ライン、太いけれど根がかりで高価な電気ウキをロストしたくないので。ハリスはフロロカーボン1.2号を1m、針はチヌ針の2号です。

    暗い中、電気ウキの赤い光が海面で揺れています。このウキがスパッと沈んでくれないかなぁ…と願うもなかなかアタリはありません。なのでちょくちょくと場所移動します。タナも色々変えてみます。

    そしてある場所で漸くウキが少しだけ沈みます。半信半疑であわせたら乗りました。あまり大きくはなさそうでしたが引きを楽しみます。



    釣れたのはカサゴでした。20cm無いくらいでした。ボトムではなく中層を狙っていたのに、カサゴ。ウキ釣りでやっていると、針を丸呑みされる事が多いのですが、このカサゴは唇皮1枚で掛かっていました。

    同じようにしたらもう1匹。



    こちらはこの日最大の22cm位。

    その後もカサゴが釣れ、今日はカサゴdayか?と思われましたが一応メバル狙いなのでメバルを釣りたい。その願いが叶い、最後に小さいけれど1匹だけメバルも釣れました。



    この1匹で満足したので20時前に釣りを終えました。もう少し粘りたかったけれど明日もあるので。

    と、いうわけでちょこちょことだけ釣れました。渋かったけれど、年間でも最も水温が低い時期なのでこんなものなのかも。

    新潟市のマリンピア日本海で測定している日々の水温のグラフが興味深いです。

    スクリーンショット

    https://www1.kaiho.mlit.go.jp/KAN9/suion/suion.htm

    今年は水温が高い、という事はサゴシ等の青物が好調になるのかも知れませんね。昨年は全体的に不調でしたが今年は大いに期待できそうです。





    関連記事
    スポンサーサイト



    カサゴメバル餌釣りウキ釣り
    • B!

    0Comments