Welcome to my blog

    激混みの釣り場でした。

    0 0
    CategoryFishing


    昨日の夕まずめもまたアジングをしに行ってきました。ゴールデンウィーク3日目、物凄く人がいて激混みでした。それでも向かい風になる場所は空いていたのでそこに先ずは入ります。前日は好調でしたが今日はどうか?期待が膨らみます。

    前日のアジングではティップを弾き乗らなかった事が多々あったのでこの日はMキャロ用のチューブラーティップのロッドの他にジグヘッド単体用のソリッドティップのロッドも持参し状況に応じて2本のロッドを使い分けてみました。

    最初はMキャロで広く探っていきます。この日の海水は前日と違いとても澄んでいました。前日はまだ明るいうちからバンバンアタったのですが昨日はそうはいきませんでした。全く、アタリ無し。周りのサビキ師もフカセ釣りの方も沈黙。およそ釣れているシーンを明るいうちは1度しか見ることはありませんでした。(その1匹が何とサクラマス!フカセ釣りでヒットしていました。)

    暗くなってから風も少し落ち着き、人も少しは減ってきたので場所を少しだけ移動します。水深5m程の堤防根元のエリアでしたが、ロッドをチューブラーからソリッドのに持ち替えジグ単で攻めてみます。

    すると小さかったけれど群れが回って来たようで、周りでポツポツとアジが上がりだします。この時使用していたのは1.5gのジグヘッドでしたが、カウントダウン20秒のところでシェイクしそこから更に落とし込んでゆくとボクにも待望のヒット。ちょっと大きそうで、というかエステルライン0.3号だったのでドラグは緩めなのでジージーとドラグが歌います。抜き上げられるか微妙でしたがリールのスプールを押さえつつ何とか抜き上げたアジは29cmの泣き尺サイズでした。



    これを釣った後はまた沈黙。本当に群れは小さかったみたいでした。次の群れがやって来たのはこの30分後。今度はカウントダウン5秒と、ほぼ表層でヒットです。アジのレンジを探るのは難しいですが、それが面白い。こちらも先程と同じようなサイズでした。

    とりあえず、何とか2匹。ここまで苦労しました。

    この後、堤防の先の方で釣っていた常連MさんSさんの所に移動し情報を聞くと、何でも7~8匹釣れたとの事でした。更に先端部の遠投サビキ師は結構釣り上げていたみたいでした。人が多くてなかなか移動出来なかったとはいえ、早くこちら側に来るんだった…。

    で、ここでやり始めたら短時間で3匹追加です。あれだけ苦労したのは何だったのだろうか?!

    そして、時間は20時になったのでここら辺で終了しました。と、言うわけで4時間で5匹という結果でした。

    昨日の釣りで使った物は以下の通り。









    関連記事
    スポンサーサイト



    アジングアジ
    • B!

    0Comments