Welcome to my blog

    釣れば釣るほどサイズがダウンのアジング。

    0 0
    CategoryFishing


    今日の夕方も何時もの場所へとアジングをしに行ってきました。平日でしたが熱心な釣り人が沢山来ておりましたが上手いことスペースを見つけ、そこで釣りを開始しました。今日の海は風も穏やかで海面も波もなく凪いでいました。潮は中潮で下げ三分と絶好の機会に期待が膨らみます。そしてゆっくりと沖から岸へと流れていました。

    が、

    なかなかアジの群れはやって来てはくれません。堤防先端部の遠投サビキ釣りの方達は釣れているようなので何時アジが此方に来るのかその時を待ちながらの釣りでした。

    最初のヒットは19時ジャスト。今日もチューブラーティップのロッドにMキャロを付けての釣りでしたが上手く乗せる事が出来ました。引きは余り大きくは無さそうでしたので一気に寄せて抜き上げてみたら20cmくらいのアジでした。まぁ、釣れないよりは釣れた方がいいけれど、もう少し大きいのが釣りたかったのです。

    この4分後、また同じようなサイズのアジがヒット。どうやらこのサイズの群れが回って来たようで一気に数釣りと行きたい所でしたが、この群れは直ぐに居なくなってしまいました。

    次に釣れたのはその30分後。今度も小さそうで、抜き上げたら17cmくらい。

    更に次に釣れたのは15cmくらいと、段々とサイズが下がってゆきました。

    おかしい。ほんの1週間前迄は尺アジも釣れていたのに…。もう、いいサイズのは沖に出てしまったのでしょうか?あと、群れが回って来た時にアタリは複数回あったのになかなか乗せられなかったのは反省点です。

    最後に根がかりでMキャロ自体をロストしてしまう後味の悪い結果となりました。暗闇の中、ノーネームノットでPEラインとリーダーを結束するのも面倒だったのでそこで納竿としました。

    明日はより繊細なジグ単のタックルも持って行って、今日乗せられなかった分も釣り上げられるようにしたいと思います。


    関連記事
    スポンサーサイト



    アジアジング
    • B!

    0Comments