Welcome to my blog

    投げ竿を引っ張り出してきてキス釣りをしてきました。

    0 0
    CategoryFishing


    昨日はアジングをしたのですが物の見事に玉砕してしまったので、とりあえず何か釣りたい、と思い今日はシロギスを狙ってみることにしました。この時期のシロギスならボウズになる事は無いはずです。

    今日は日没後に雨の予報でしたのでその前の夕方の1時間勝負です。先週はちょい投げで小さいのばかりだったので、今日は遠投する為に振出ではありますが投げ竿を使ってみることにしました。ここ数年この投げ竿は使っていなかったのでいざこれを持ってフィールドに出てみたら、当たり前ですが、シーバスロッドやエギングロッドと比べて長くて重くてこのタックルは取り回しが悪くてやりにくい。仕掛けも4本針の、全長170cmの物でしたがこれもなかなか厄介でした。



    何せ数年ぶりの投げ竿ですので先ずは軽く投げてみます。天秤錘は25号です。そしたら飛距離が思ったよりも出ていました。3色弱くらいかな。投げ釣りでは25m毎に1色、2色と数えますが、慣れれば4色近くまでいけそうな感じでした。

    とりあえず、投げて着底させズルズルと仕掛けを引きずってきます。が、なかなかアタりません。アタリが出たのは残り1色(25m+力糸13m)の距離にきてから。なんだ、これじゃあエギングロッドを使ったちょい投げの方が良かったかも。ラインはPEの1号でしたので、ごっついこのタックルでもビンビンにアタリを感じ取れます。でも、引き味は面白みに欠けるというか、やっぱりもっと繊細なタックルの方が楽しめたかも。でも、今日の所はこのタックルでやると決めたので、アタリに集中します。そして何度目かのアタリで漸く針に乗せる事が出来ました。

    最初に釣れたのは15cm程のシロギス。この後もこのサイズが1投につき1匹ずつ、近い距離で釣れました。先週は12cm以下のピンギスが多かったのですが、この1週間で成長したのか、それともより大きいのが岸に寄ってきたのか?そして日没が近づいた頃、振出の投げ竿でも引きが感じられる程の魚が掛かりました。巻き上げてきたらそれ迄よりも大きなシロギス。今シーズン初の20cmオーバーでした。

    こうして1時間で釣り上げたシロギスは20匹程で、小さいのはどんどんリリースしたのでキープは13匹。晩御飯のおかずにはこの位で丁度良いのです。



    今日も天ぷらにでもして味わおうと思います。

    それはさて置き、今日はサーフにタバコの吸殻が何本も捨ててあって残念な気分になりました。タバコを吸うなとは言わない、せめて吸殻入れくらい使えよな!と思うのです。これだからヤニカスって言われるんだよ…。

    海岸にはこんな看板もありました。



    ゴミのない綺麗な釣り場で釣りがしたいものです。



    関連記事
    スポンサーサイト



    シロギス
    • B!

    0Comments