Welcome to my blog

    夕まずめからキジハタ狙いへ。

    0 0
    CategoryFishing


    キジハタは、その目の色が鳥の雉の色だからキジハタ(雉羽太)という事らしいです。



    昨日は前半はエギングをしたのですがダメだったので作戦変更し、夕まずめからはキジハタを狙ってみました。ロッドやリールはエギングそのままにテキサスリグにしてキャスト開始です。日中、周りでは豆アジがそこそこ釣れていましたのでそれを狙う聞キジハタも接岸している事を望みます。

    使ったワームはバークレイ ガルプ!パルスワームの3.2インチ。それ迄釣れていなかったので手っ取り早く実績を出したかったのです。が、まだ明るいうちはフグの猛攻にあってしまいます。無残にも何度もワームを噛みちぎられてしまいました。



    それでも、辺りが暗くなる頃にはフグアタックもおさまり、ようやくじっくりと釣りが出来ました。

    最初は堤防真ん中より先端の方でやってみましたがアタリは無いので真ん中より岸に近い方へと場所移動しました。風は相変わらず北東からの風が強く吹いていて収まる気配は無く、少しでも風を背負える西側へキャストしました。

    そしたら、待望のバイトがありました。使っていたワームは相変わらずガルプ!でしたので魚は咥えたら離さないと信じてフッキングをかましたら乗りました。あまり大きくは無さそうですが、最後迄諦めないファイトはキジハタに違いありません。抜き上げたらやはりキジハタでした。



    小さい。20cmくらいでしたが待望のキジハタです。

    この後、辺りは暗くなるのですがそれと共にキジハタの活性が上がったようで、立て続けにヒット。









    最大でも22cm止まりでしたが、兎に角釣れるっていいですね~。大いに楽しめました。

    帰る時にふと振り向くととても綺麗な空でした。



    道すがら、七夕という事で夜空を見上げてみましたが雲が多かったのもあり、ベガもアルタイルも確認出来ませんでしたが、大きさはアレですが釣れたので気分良く帰宅の途に着いたのでした。


    アウトドア&フィッシング ナチュラム



    関連記事
    スポンサーサイト



    キジハタ
    • B!

    0Comments