Welcome to my blog

    幻の魚は一瞬でフックを曲げて去ってゆきました…。

    0 0
    CategoryFishing


    その一瞬の引きは凄かったです。掛かったのは間違い無く大物、油断していた訳では無いのですが「ちょ、ちょっと待てよ…!」と思わず口にしてしまうくらい強烈な引きを見せ、物凄く焦りました。が、時間にして僅か、バラしてしまいました。多分、40は軽く超えているキジハタだったのでしょうが、リグ(仕掛け)を回収して見てみたらフックが曲げられていました。掛かりどころが悪かったのもありましたが、いやぁ、実に惜しかったです。

    昨日も夕まずめの時間から2時間ほど釣りをしてきました。18時に現場inし、いつもの様にテキサスリグをリグりキャストします。

    まだ明るいうちは望み薄かな?と思っていたのですが、この時この大物のアタリがあったのです。兎に角すんごい引きでロッドは伸されてしまうくらいでした。帰宅した後もまだその感触が手に残っていたくらいです。

    その後はアタリかな?と思ったらフグにワームをヤラれるパターンが続きます。そして、日没。



    曇り空だったのであまり夕日は綺麗ではありませんでした。

    先程の大物の事は一旦忘れ、それまで堤防先端部でやっていたのですが少しずつ根元の方に移動しつつ釣りを続けます。そして辺りが完全に暗くなった頃には中央部に居ました。それまで使っていたワームを止め、エコギア・バグアンツ2インチのグローの物に変えてみたら、ヒットしました。毎度のあまり大きくはないサイズでしたので無事にキャッチ。



    その手応えで分かりましたがやはりキジハタ。23cmありました。



    とりあえず、ボウズは回避出来ました。リフト&フォールのフォール中にヒットしました。

    この直後、またアタリがありました。が、先程のキジハタと違い途中でギブアップしてしまったのでこれはやはりカサゴでした。



    このカサゴはキャスト直後の落ちパクで食ってきました。



    と、言うわけで2時間で2匹の魚と遊ぶ事が出来ました。それにしても、あの大物の魚の正体は何だったのだろうか?40アップのキジハタも新潟市内の海でも珍しくはありません、船を出して沖を攻めれば。或いは西港新々突堤とか。でも、この場所では小さな魚しか釣れないのです、いつも。だからパックロッドのベイトフィネスタックルでも通用するのですが、これは益々もってちゃんとしたハードロックのタックルを揃えなければならないか?

    40アップ、釣ってみたいものです。

    アウトドア&フィッシング ナチュラム



    関連記事
    スポンサーサイト



    • B!

    0Comments