Welcome to my blog

    約1週間ぶりのキジハタフィッシング。

    0 0
    CategoryFishing


    昨日の夕まずめの時間帯はキジハタを狙ってみました。天候不順や体調があまり良くなかった日もあったので、途中豆アジのサビキ釣りはしていましたがキジハタを狙うのは約1週間ぶりとなります。

    リール(シマノ・ブレニアス)にも新しいラインを巻いて意気揚々と釣り場に出かけたわけです。巻いたラインは8本編みのPEラインなのですが、果たしてベイトリールとの相性はどうなのか?最初は遠投せずショートキャストを繰り返してみましたが、しなやか過ぎる8本編みのラインでも特に問題はなさそうなので徐々に遠くへと投げてみます。

    釣り場に着いたのは18時、満潮潮止まりだしまだまだ空は明るくてキジハタは出てこないかな、と思いきやアタリがありました。が、この魚は久しぶりという事もあり根に潜られてしまい、結局キャッチ出来ませんでした。残念。

    そして日没の時間を迎えました。潮もゆっくりとだけれども動き出し始めたので期待出来ます。曇り空だったのでわからないまま夕日は気がつくと沈んでいました。

    その直後、ヒットしました。多分このヒキはキジハタだろうと思いつつリールを巻きました。キジハタの最後まで諦めないファイトがたまりません。で、抜き上げたら思ったよりも小さなキジハタ。



    1週間ぶりのキジハタは22cmでした。

    その5分後、またもやヒット。同じワームで同じ様にしたら同じ様な魚が釣れました。



    24cmと、僅かながらサイズアップです。

    使用したワームはエコギアのバグアンツ2インチ ホタルイカカラーです。

    「これは今日は期待出来るか?!」と、さらなるサイズアップを果たすべくキャストを繰り返しましたが一旦アタリは止まってしまいました。なので徐々に場所を移動。で、辺りがすっかり暗くなった頃、堤防中央部近くに来た時に、ふとワームのボリュームを上げてみようか?と思い、フックも大きめのに結び直し、同じエコギア・バグアンツですが3インチの物にしてみます。水中でより大きくフレアしアピールしてくれる事を期待しキャストする事数度目、ガツンときましたアタリが。

    グングン引きますがサイズは先程のと変わりなさそうでした。



    釣り上げてサイズを測ったら23cm。



    このサイズのキジハタですが、大きいフックでも問題無しでした。がっつりと上あごに掛かっていました。

    この魚を釣った直後、新潟西港から佐渡汽船の最終便が出てきました。と、言うわけでここでタイムリミット、納竿としました。

    2時間ほどで3匹の釣果。サイズは出ませんでしたが楽しむ事は出来ました。少し離れた所で釣っていたMさんもキジハタを3匹上げていましたので徐々にですがこの釣り場にもキジハタが寄ってきているのでしょうか。今後にも期待が持てます。

    使った物は、







    アウトドア&フィッシング ナチュラム




    関連記事
    スポンサーサイト



    キジハタ
    • B!

    0Comments