Welcome to my blog

    やっぱりベイトリールでPEラインを使う場合ハリのあるラインの方が使いやすいと改めて気づいた。

    0 0
    CategoryFishing


    好みは人それぞれですが、ベイトタックル(ベイトリール)でPEラインを使う場合、しなやかなラインよりも少しごわつくぐらいのハリのあるPEラインの方が使いやすいと改めて思った次第であります。

    先日はベイトリールのシマノ・ブレニアスに某8本編みのラインを巻いて試してみたのですが、どうもトラブルが多くて嫌になりました。しなやかすぎて、バックラッシュを連発するのです。だから思い切ってフルキャスト出来ない。また、ラインの一本一本の繊維が細いから直ぐに傷が付いて思わぬところから高切れしてしまったのです。

    それでも3日ほど我慢して8本編みのラインを使ってみました。が、その間魚はあまり釣れませんでした。なので一旦使い古しのハリのあるラインに再度巻き変えてみたら、先日の34cmのキジハタが釣れた訳です。シマノ・ブレニアスは細糸PEに特化した性能を持つリールです。それにもかかわらずこの有様。ラインの特性が釣果に結びつくのだと思い知らされました。

    改めて、ベイトリールとPEラインの相性はなんと言っても「糸噛みやバックラッシュ等のトラブルの少なさ」に尽きると思います。

    そんな訳で、また選んだラインはデュエルのアーマードF。細糸(0.8号以下)はボクは殆どこのラインをチョイスしています。ベイトリールでのトラブルは皆無だし、リーダーとの結束も簡単なものでいいし、でお気に入りなのです。他にもハリのあるラインといえばバークレイのスーパーファイャーラインやヤマトヨのレジンシェラー、サンラインのキャストアゥェイ、シマノのパワープロZ等も思い浮かびますが値段の安さや入手のしやすさも含み、勿論個人的好みもありますがアーマードFが今のところベターかな、と。これで耐久性がもう少し上がってくれたならいいな、と思います。ベイトタックルだとスピニングタックルよりも何となくラインが痛みやすい様に感じますが、アーマードFは劣化が目に見えて分かるのも有難い。しなやかな8本編みのラインだと表面を見てもなかなか劣化に気づきにくい事もあり、結果高切れしてしまったのです。

    勿論、飛距離重視のスピニングタックルによるショアジギング何かには8本或いは12本編みのラインの方が良いとは思います。要は適材適所だと思うのです。そういうわけでまたブレニアスにまたアーマードFを巻いたのでした。因みにボクは見えるラインの方が好き、なのでオレンジやイエローのラインを選ぶ事が多いです。













    関連記事
    スポンサーサイト



    ライン
    • B!

    0Comments