Welcome to my blog

    花火大会が始まる頃、意外なゲストが釣れました。

    0 0
    CategoryFishing


    今日は3回目に訪れた場所でキジハタを狙ってみましたが、風が強くてちょっとやりにくかったです。まぁ、風のおかげで暑さも幾分和らいではいたのですが。

    例によって夕まずめの時間帯に釣りを開始しました。1/4オンスのテキサスリグで探りを入れていきますが、明るいうちはフグにワームを何本もヤラれてしまいます。踏んだり蹴ったりです。

    それでも日が落ちた頃にようやく反応が出だしでヒットに漕ぎ着けます。が、キジハタとはちょっと引きの質が違うな、と思っていたら、釣れたのはボクが初めて釣る魚でした。



    マゾイ(キツネメバル)です。佐渡ヶ島には沢山居るらしいけれど本土側でも釣れるのね。

    使用していたワームはガルプ!のSWホッグ3インチのモエビカラーです。



    とりあえず、ボウズは免れました。

    この後辺りが暗くなる頃、遠くから花火の上がる音が聞こえてきました。そう、新潟まつりの花火大会だったのです。何時もの堤防よりもこちらの場所の方がよく見えるかも、と少し期待していたのですが残念な事に松林の影で良くは見えませんでした。



    ドーン、だとかパチパチいう音はよく聞こえます。時折、この松林よりも高く上がる花火もあって、まぁそれなりには花火大会を楽しむ事は出来ました。

    その間も釣りは続けて行ってはいたのですが、一体どうした事か全くアタリはありません。隣でアジの泳がせ釣りで狙っていたSさんの竿にも反応は無く、結局20時過ぎに釣れぬまま納竿としました。

    釣果は先程のマゾイだけでした。アジはちょこちょこと釣れていたみたいですので明日はアジングにしようかそれともまたキジハタ狙いで行くか考えながら帰路に着いたのでした。


    関連記事
    スポンサーサイト



    マゾイキツネメバル
    • B!

    0Comments