Welcome to my blog

    フグに怒りを覚えつつ豆アジ相手にアジングをしてきました。

    0 0
    CategoryFishing


    昨日の夕方は、キジハタフィッシングと迷いましたがやっぱり釣れる釣りもしたいので豆アジ相手のアジングをする事にしました。17時頃に釣り場に着き、先ずは水深が比較的浅い場所でアジングを開始しました。

    が、

    まだ明るい為かクサフグの活性が物凄く、いきなり10投連続でワームをボロボロにされてしまい初っ端から凹みかけてしまいます。ワームをエラストマー素材のダイワ月下美人ブランドの物に変えても食いちぎられてしまうのです。こいつには参りました。付けていたアシストフックの方もダメにされてしまいました。



    これが食いちぎられたワームの残骸。

    このままこの場所でやってもダメなので、少し水深のある所に移動するも今度はなかなかアタリはありません。

    「何で今日はアジングを選んでしまったのだろう?」と少し後悔をしかけたのは日没前。ここまでポツポツとは豆アジも釣れていましたがまるでいい所が無い感じ。

    そうこうしているうちに日没となります。



    この頃に立ち位置を少し水深の浅い方へと移動したのが良かったです。ようやく豆アジがアタりだします。明るいうちはタナは深めでしたが、日が陰るにつれて豆アジも浮き出してきて、思ったよりも浅いタナでフォール中にカツンときました。そこからはサバも混じえワンキャスト・ワンフィッシュ状態。

    釣れてくる豆アジは先週よりも成長していて8~9cm位有りました。中には15cmクラスも釣れたのですが、XULのトラウトロッドを使っていたこともありこの魚はなかなかの釣りごたえでした。

    辺りが完全に暗くなったらアタリは止まりました。なので、そこで納竿としました。ワームはフグのせいで大量に消費してしまいましたが、十分に豆アジも釣れたので満足です。(近いうちにまた釣具店に行ってワームやらなんやらを補充しなければ!)


    関連記事
    スポンサーサイト



    アジングアジ豆アジサバ
    • B!

    0Comments