in Fishing

    近頃のキジハタは好みが変わってきたように感じます。

    -0 COMMENT


    前のエントリでも書いたように、昨日の夕方はキジハタを狙って新潟市中央区の海で釣りをしてきました。堤防上には早くもアオリイカ狙いのエギングをする人もいましたが釣れているのかな?

    エギングは来週以降でいいや、と思いつつ釣りの準備をします。昨日は常連Mさんに、後からSさんも加わり何だかホッとしつつ釣りをしました。

    キジハタ狙いでしたがここの所ホッグ系(エコギア・バクアンツ等)に反応が悪いので、それでは無く同じエコギアのキジハタグラブ3インチで攻めてみます。すると直ぐに答えが出ました。

    ファーストヒットは何だか重いだけであまり引かなかったのでカサゴか?と一瞬思うも浮かせてきたらキジハタでした。



    その直後に昨日のエントリども書いたミニマムなキジハタがヒット。



    更にその10分後、またまたヒットです。



    今度は20cmちょっとの小ぶりなキジハタでした。

    「今日はキジハタの活性が高い!」

    うねりも濁りもありましたが、大潮の下げ三分から釣りを開始したのも良かったのでしょう。普段は釣れても1、2匹程度の釣り場ですが早くも3匹達成です。

    4匹目はそれから30分後にヒットしました。



    ちょっとだけサイズアップの25cm。

    この後日没を迎えます。暗くなってからも、もう1匹ヒットです。



    この激混みのエリアで5匹はまずまずです。その後何回も根がかりをしてしまい、その対応に追われているうちに佐渡汽船の最終便の出港する時間になったので納竿としました。

    この日釣れたワームは全てエコギア・キジハタグラブ3インチの赤金でした。秋になるとキジハタはそれまで甲殻類を好んで食べていたのが魚食性が高まると聞いたことがあります。そんな切り替えのタイミングにグラブはハマってくれました。




    関連記事
    スポンサーサイト



    0 Comments

    There are no comments yet.

    Leave a comment