in Fishing

    第1回障泥烏賊調査は何の成果も得られず。

    -0 COMMENT


    エギングしてきました。今シーズン初なのですが、噂ではちらほら目撃情報があるみたいですので、とりあえず初物の姿を目撃すべく釣り場へ向かいます。

    釣り場に着いて辺りをぐるりと観察。先ずは墨跡が無いか見てみましたが全然ありません。この場所は未だ早いのか?海水は笹濁りでいい感じでしたのでとりあえず気持ちは前向きに、エギングの準備をしました。

    ラインの先に結ぶのはとりあえず2.5号のエギ。これで探ってゆきます。が、ちっともアオリイカは姿を見せず、エギの後を追う事もありませんでした。ここから苦難の道のりとなります。キャストして沈めてしゃくっては場所を少しすつ移動、所謂ランガンをして行きますが、ダメ。

    エギも次々とチェンジしてゆきます。


    (使ったエギ)

    未だアオリイカは小さい筈ですのでエギは2.5号だけでなく2号更には1.8号も使いましたが結局アオリイカの姿を見ることは叶いませんでした。

    「釣れなくてもいい、調査だから」とは思っていましたが、やはり釣れないよりは釣れた方が良いに決まってます。釣れなくても何らかのヒントが掴めればそれもまた良かったのですがそれすらダメで、疲労だけが残ったエギングでした。 ですがめげずに明日は場所を変えてエギングしてみようかと思います。





    関連記事
    スポンサーサイト



    0 Comments

    There are no comments yet.

    Leave a comment